ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 水青玉 」 に関する記事一覧


【ぐい呑み】水青玉

啓蔵ぐい呑み湯のみ 水青玉
啓蔵ぐい呑み湯のみ 水青玉


長野県のSです。
本日(もう日が替わりますが)、注文の品と、サンプルとしてぐい呑みをお届けいただき、ありがとうございました。

いつだったか、ぐい呑みを探していろいろなホームページを探した末、「啓蔵カイラギぐい呑み 青濁垂」を見つけたときには大変驚き、こういうものがあるんだ!と思ったのですが既に終了扱いでした。
それ以降、後悔しないようにブックマークして覗いています。

私は普段、実際に触ってみて手に馴染まないと買わないので、インターネットでぐい呑みを買うことは冒険だったのですが、ほどよい大きさでした。手にとって、眺めて、愉しんでいます。

作品紹介に、「贈り物に不向き」という言葉がありましたが、どこのお店見ても、なかなか贈り物に不向きって作品、無いですよね(笑)

御社と、萩原啓蔵氏のさらなるご活躍、ご発展をお祈りしています。大切に使わせていただきます。
(長野県 S様)

(店長)S様本当にありがとうございました。
メールを拝見してとてもうれしくなってしまいました。特に「どこのお店を見ても、なかなか贈り物に不向きって作品、無いですよね」の部分です。(笑)  
上記の言葉は逆に言えば「本当に気に入った方に買って頂けるとうれしいです。」というのが正直な気持ちです。
そして発送の時には、まるで嫁を出すような(私には娘はおりませんが…)そのような気持ちでおります。
今回、その願いどおりにS様に水青玉が気に入って頂けて、うれしいです。
水青玉は無骨で変っていて個性的ですが、掌にもとてもなじみあたたかい作品だと思っております。これからもご愛用頂けるとうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。



※販売終了いたしました。(2008/09)


【ぐい呑み】雪釉、茶雪釉、巌、水青流、蒼波、水青玉

雪釉 雪釉

雪釉の魅力は「黒と白のコントラスト」と「分厚い、もったりとした釉薬」が「ダイナミックで大胆に」かけられているところです。
素朴な味わいでありながら、なんとも言えない魅力 を感じます。

特に、あのもったりとした釉薬の「滴り(したたり)」は「命」をも感じさせる気がします。

そして同時にその滴りがあるところで「ぐっととまっている(溜まっている)」ところが不思議でなりません。 いったいどうやってあのような分厚い釉薬ができるのか?
そしてどうやって(下まで流すことなく)を勢いをもったまま垂れさせたりすることができるのか?
見れば見るほど魅力的なぐい呑みだと思います。
しかも地肌の黒い深い色もすばらしいです。



茶雪釉 啓蔵作品を何点か購入した上で、一番雪釉が気に入りました。

「惚れた」というのが正確かもしれません。
客用にも使いたいので、どうしても「5つ」揃えたく、追加で4つ購入しました。
ちょうど私の購入で終了となったようです。
雪釉のようなすばらしい作品を独り占めにできたような気持ちでうれしいのですが、他の啓蔵ファンの皆様には少し申し訳ない気持ちにもなります。

届いてから、焼酎を入れて呑んでみました。
もうそれはそれは「極上の味わい」でした。
やっぱりぐい呑みがすばらしいと、焼酎の味まで違ってきます。
本当に気に入りました。



水青流ところで、これまでに啓蔵のぐい呑みをいろいろ
(雪釉、茶雪釉水青流蒼波水青玉
と購入して作品を実際に手にしてみたのですが、 その「斬新さ」「釉薬の美しさ」「作品の力強さ」 から私はてっきり (萩原啓蔵氏は)

新進気鋭の30歳代の陶芸家

であろう、と想像していました。

ところが、80歳を越えられているということを伺って本当にびっくりしています。
あの斬新な釉薬の使い方からどうしてもその年齢が想像できないくらいです。

(神奈川県 W様)



巌



(店長)
W様に、雪釉他、啓蔵作品を大変気に入って頂けて本当に光栄でうれしく存じます。

雪釉につきましては、個人的にも好きな作品でしたので、さすがに最後の作品を手元から送り出すときには正直とてもさびしい気持ちになりました。(お嫁に出すような気持ち、とはこんな感じでしょうか。)

けれども、とても気に入って頂き、そして感動されたとのご感想を頂き、私までうれしく感じております。
ぜひ、ご愛用頂ければうれしく存じます。

※W様から(しばらくメールが使えない環境とのことで)わざわざお礼のお電話を頂きました。ご本人のご了承を頂き、聞き書きと言う形で、ご感想をお載せいたしました。



【ぐい呑み】水青玉

水青玉

  啓蔵ぐい呑み湯のみ 水青玉
谷内様 こんにちは。
さて、 商品(作品)を受領いたしました。早々のご手配どうもありがとうございました。
「シラス」そして、「サンプル」までお送りいただきどうもありがとうございました。 サービス満点です!

おかげさまで、小生 陶芸教室でのモチベーションが上がります。
ぜひ、今後の作品作りに役立たせていただきます。
本当に感謝いたします。 ありがとうございました。では、失礼いたします。
(奈良県 O様)


(店長)O様、ご丁寧なメールをありがとうございました。

いろいろと喜んで頂けてうれしいです。また、シラスやサンプルが、O様の作陶のなにかのヒントやお手伝いになれば幸いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

【ぐい呑み】涌雲、水青玉

涌雲
啓蔵ぐい呑み 涌雲

率直な感想としては“美しい”器だと思いました。
HPで見時は、黄色+白色の器かな、と思いました。

ところが、実物を目にすると、器の外側は金色+銀色、器の内部は緑っぽい色でした。 ですからとっても綺麗なのです。まるで光を放っているようです。
何だか“清楚”“上品”という表現がピッタリの器だと感じました。

確かに、この器は「観賞用」としてとっておきたい器ですね。
『涌雲』は素晴らしい芸術作品だと思います。





啓蔵ぐい呑み湯のみ 水青玉

水青玉
これぞ、まさに“手作り作品”って感じがしました。

偶然が生み出した“超”個性的作品だと思います。
つい触りたくなる・・握りたくなる器です。 今もちょこちょこ触りながらこの文章を書いています。

私は、啓蔵作品だけを並べている棚があるのですが、その中でも一際目を引きます。
こんな個性あふれる器を作って頂いた啓蔵さんに感謝・・それを販売して頂いた『有が田や』さんに感謝です♪

(熊本県 M様)


(店長)「涌雲」は天女の衣..というようなイメージがあります。そして「湧雲」の作品を比べてみてもかなりひとつひとつ個性があります。地の色と釉薬の色の不思議さ、というのでしょうか。
M様が「清楚で上品」とおっしゃってくださったのがとても光栄でうれしいです。本当に素敵な作品ですよね。

「水青玉」は実は私もあのどっしりもったりとしたあたたかい手触りがすばらしい!と思っていました。
本当に掌の中にいつも持っていたい気持ちになりますよね。
ぜひぜひこれからもご愛用ください。

【ぐい呑み】水青玉

300DSCN1571

啓蔵ぐい呑み湯のみ 水青玉

「12月の風景」で紹介した作品が焼きあがりました。







Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る