ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

萩原啓蔵 作陶活動引退のお知らせ

陶芸家 萩原啓蔵は、高齢のため、作陶活動を引退いたしましたことをご報告申し上げます。


作品については、引き続き、こちらのサイトおよびSNSなどでご紹介いたします。
オンラインショップについては、少しずつお取り扱いを縮小していく予定でおります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ぐい呑み 青流 

ぐい呑み 青流 


ぐい呑み 青流 



一見優しげにみえる青色や水色の釉薬は、地の黒い色のコントラストによっては、エネルギーを秘めた強さにも感じます。


青色、水色の撮影のなんとむずかしいこと。
ひとつひとつの作品の、釉薬の発色のしかた、雰囲気の違いをどんなふうにお伝えしたらいいか、いつも苦労しています。


ぐい呑み を愉しむ 水色の釉薬 

ぐい呑み を愉しむ 水色の釉薬  【ぐい呑み】青のしぶき
ごつごつした外側の釉薬と内側の貫入が出ているやわらかな景色の対比が面白いです。
青色というより水色に近い釉薬。激しさの中にもやさしさを感じます。

ぐい呑みとしてだけではなく、お料理好きな方には小鉢としても使って頂けるとうれしいです。

青のしぶき

この作品で一番注目して頂きたいのは、釉薬で表現している、青いしぶきの勢いです。
このぐい呑みは、外側と内側の風景が、激しさと静かさをあわせもっているような作品です。釉薬で表現している、青いしぶきの勢いがすばらしいです。

こちらで販売しています。 | 青のしぶきの記事をまとめて読む

岩剥 お取扱い終了となりました。

1

お取扱い終了となりました。
ありがとうございました。

ぐい呑み 花点描 女性の手に似合うぐい呑み

1
2
3

花点描


口作りの部分と側面のやわらかな形状は、優しさを感じます。
以前、啓蔵が研究中だと言っていたものが、すこしずつ形になってきたのでしょうか。釉薬は違うようですが。
こちらをご覧ください。

ぐい呑みというより、小鉢として使うと素敵だと思います。


ぐい呑み 艶岩壁 艶とひび割れの美しさ




2
1
艶岩壁



再販いたします。

このぐい呑みの面白さは、ひび割れの美しさと艶でしょうか。
まるで龍のうろこのごとく(実物をみたことはありませんが)、なにかに突き進んでいくような動きや勢いを感じます。

面白さという意味では、お好みが分かれるかもしれませんが、個性的なぐい呑みがお好きな方にはとても魅力的な作品だと思います。



艶岩壁

落ち着きがありながら秘めたる情熱というかエネルギーを感じる作品。

カイラギの釉薬のかかりが、まるで龍の絵にも見えます。
趣のあるひびは、艶のある光沢の肌です。そしてその上から白濁の釉薬が、流れるようにまるで思い思いに流れる川のような跡になっています。

こちらで販売しています。 | 艶岩壁の記事をまとめて読む

啓蔵の片口酒器 個性的な陶芸作品

啓蔵の片口酒器 

啓蔵の片口酒器 

啓蔵の片口酒器 

啓蔵の片口酒器は個性的です。

啓蔵酒器のお問い合わせがありましたので、手元に残っている酒器をご紹介いたします。

【抹茶茶碗】 群青  月の光に照らされるような夜空


DSC_0033

【抹茶茶碗】 群青  月の光に照らされるような夜空

抹茶茶碗 (群青)


月の光が明るい夜の空は、青色が沁み渡るように広がっている…。
この作品をみるたびに、ドビュッシーの月の光のピアノの演奏が流れてくるような気がします。

あるピアニストが、よく演奏会の最後に弾いてくれるアンコール曲もこの月の光。
気品のある黒と青の釉薬と、その演奏とのイメージが重なって、ふっとその幸せな時間のことを思い出すのでした。



抹茶茶碗 (群青) 限定品

ぐい呑み 白釉 釉薬の景色 厚み

白釉は、釉薬がなるべくもこもこしているもの、というリクエストを頂きますが、もこもこした釉薬の作品はあまり残っておりません。
残っている中でも、もったり感がある作品をセレクトしてみました。

撮影する方向によって、同じぐい呑みでも全然雰囲気が違って見えるところがまた面白いです。

(作品1)


ぐいのみ
a11




(作品2)


a222 guinomi




(作品3)

ぐい呑み
a33





ぐい呑み 青のしぶき 勢いのある外側とおだやかな内側

11DSC_0008

ぐい呑み 青のしぶき 勢いのある外側とおだやかな内側
11DSC_0005 


11DSC_0006

11DSC_0060

【ぐい呑み】青のしぶき



啓蔵作品のぐい呑みは、外側と内側に同じ釉薬がかけられているものが多いのですが、この作品はそれぞれ別々の釉薬が使われています。

外側には、勢いがある荒々しいしぶきのような青、そして、内側はおだやかなクリームがかった白。
その表情の差が面白い作品となっています。


青のしぶき

この作品で一番注目して頂きたいのは、釉薬で表現している、青いしぶきの勢いです。
このぐい呑みは、外側と内側の風景が、激しさと静かさをあわせもっているような作品です。釉薬で表現している、青いしぶきの勢いがすばらしいです。

こちらで販売しています。 | 青のしぶきの記事をまとめて読む










Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る