ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【新作ぐいのみ】桜乳濁ぐい呑み


【新作ぐいのみ】桜乳濁ぐい呑み


ぐい呑み 桜 貫入





桜乳濁ぐい呑み


赤い粘土の上に白い釉薬をかけているので、全体的にはピンクに見えます。
強い個性がある作品ではありませんが、土の色、釉薬とのバランスが絶妙です。
やさしい気持ちになれるような気がします。


【新作ぐいのみ】紬紋釉

【新作ぐいのみ】紬紋釉

紬紋釉


渋いですが、温かみや優しさのようなものを感じます。地はうっすらと緑が混ざった茶色です。落ち着いて渋い作品です。

口作りの(ぐい呑みのふち)部分に、もったりとした釉薬がかかっているところが魅力ですよね。


虫食いやカイラギのでかたが、ひとつひとつどれも違います。
上からかかる灰色がかった釉薬にも、虫食いが多く出ているものもあれば、カイラギのような細かいひび割れがあるのもあります。


紬紋釉

温かみや優しさのようなものを感じます。地はうっすらと緑が混ざった茶色です。
落ち着いて渋い作品です。男性の方にお勧めいたします。
こちらで販売しています。 | 紬紋釉の記事をまとめて読む





ぐい呑み 黒白

ぐい呑み 陶芸作品 黒白
黒白




この作品を見たイメージは「きりりとした端正さ」です。
私はピアノ曲を聴くのが好きなのですが、ピアノの音でたとえるならば、硬質なピアノの音、でしょうか。


よく見ると、地味なようで、実は、白い釉薬は動きがあって力強く、表現がおもしろいです。(ここが啓蔵作品らしいところでしょうか。)
今回の作品のように(粘度が低い釉薬を使って)白い釉薬をかけると、きりりと引き締まって見えます。
景色が、本当におもしろい作品だと思います。






【新作】青渦釉





青渦釉



青味がかった乳濁釉です。釉薬のはじけた部分や斑点の紋様のおもしろいこと。
こういう発想ができるのがおもしろいなあとつくづく思います。




【新作】艶カイラギ


艶カイラギ


カイラギの上に水色の光沢釉薬がうっすらとかかっています。
内側にほんの青味を帯びた釉薬が細かい粒子のように出ているものもあります。


艶カイラギ

カイラギの上に水色の光沢釉薬がうっすらとかかっています。
内側にほんの青味を帯びた釉薬が細かい粒子のように出ているものもあります。
こちらで販売しています。 | 艶カイラギの記事をまとめて読む

ぐい呑みの風景 カイラギ

ぐいのみ

ぐいのみ

ぐい呑みの風景 カイラギ

【啓蔵の近況】抹茶茶碗の新作(3)

【啓蔵の近況】抹茶茶碗の新作(3)

青色のカイラギ抹茶茶碗。
(撮影がむずかしいです。)

*販売は未定です。(販売しない可能性が高いです。)



【啓蔵の近況】抹茶茶碗の新作(2)

【啓蔵の近況】抹茶茶碗の新作
抹茶茶碗の内側。
釉薬のかかり具合といい、その景色といい、渋いです。
自然のおりなすものとはいえ、
啓蔵が想像したとおりに釉薬が発色し、紋様を作品として表現できた時
作家として一番の満足感を得られる至福の時だと思います。


*販売は未定です。(販売しない可能性が高いです。)




【ぐい呑みの風景】小雪釉

小雪釉

【ぐい呑みの風景】小雪釉



音楽動画を聴きながら作業をしているので一石二鳥とばかりに、音楽を聴きながらぐいのみを紹介するコーナーです。 (笑)

音楽の魅力も、陶芸作品の魅力も、同じようにうれしくハッピーな気分になる、
という意味では共通点があるように思います。

私はやっぱりロシアのピアニストが好きなんだなあと思います。
白と黒の釉薬が、キリリとしてくっきりとしたもの。そんな音。
でも単に鍵盤を叩くのではなくて、そこからまろやかでこころ揺さぶる音を発している。
小雪釉を眺めていると、そんな音楽の流れや勢いが、うつわの中に凝縮されているような気がします。
変化にとんだ音も、釉薬も、同じように魅力がありますね。

・ぐい呑み「小雪釉」



【ぐい呑みの風景】嵐


【ぐい呑みの風景】嵐
ぐい呑み「嵐」



動画とぐいのみシリーズが意外と評判がよいので、とても気分がのっている店長であります。
この曲にこのぐい呑みが合うなあ、と思うものをこれからもご紹介していきたいと思います。


先日facebookでご紹介したものですが、
・ぐい呑み「嵐」
・ピアノ曲 Liszt Sonata  


「吹くとだに…むべ山風を嵐といふらむ」とリストが、繋がるような…。ダイナミックな風の大きなうねりが見えるようですね(*^^*)(H様)



啓蔵ギャラリーのfacebookページにもぜひお越しください。
「いいね!」ボタンを押して頂けるととてもうれしいです。
http://www.facebook.com/Keizotougei













Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る