ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【湯のみ】縞


600DSCN0105




艶消しの地に何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。
どちらかというと、渋めです。男性の方へお勧めいたします。
私は、初めて見たとき木星の模様にも似ている、と感じました。天体観測好きの方には、もしかすると違う意味で(!?)好まれるかもしれません。


【湯のみ】淡乳濁


600DSCN0074



ほんのりとピンクがかった乳濁の地に、(同じ乳濁ながら色合いがすこしずつ違う)乳濁の釉薬が何層かにかかっています。
まるで羽衣を重ねたような微妙な変化がみられます。
虫食いや貫入(ひびわれ)も趣き深いです。







販売は終了いたしました。【湯のみ】淡青炎

600DSCN0016




啓蔵・虫喰釉湯のみ 淡青炎





販売は終了いたしました。











【湯のみ】想

352 蔵・湯のみ・想
色合いは光の加減で、紫に見えたり青味がかって見えたり、うすい茶色の部分もあるような不思議な発色です。とても上品です。

(販売終了)

【楕円皿】青緑

DSCN2006
DSCN1998
DSCN2000









啓蔵楕円鉢 青緑

南海の海を思わせるような個性的な色使いの楕円鉢です。


※販売終了いたしました。


【ぐい呑み】青網2

859

【ぐい呑み】薄青カイラギ

869

【抹茶茶碗】作品1

DSCN0006

DSCN0008


カイラギとは「梅華皮」とも書き、釉のちぢれのことをこう呼びます。
ホームページでも説明してありますが、収縮しにくい粘土を使い、それで素焼きしたあとに、一番収縮しやすい釉薬を使って1250度で焼き、両者の収縮度の違いを利用してこまかい「ひび割れ」が出たもののことを言います。


【017】カイラギ抹茶茶碗 (陶芸家雑感:萩原啓蔵エッセイより)






【片口鉢】青霞

600DSCN1741

600DSCN1744

600DSCN1740

薄い淡い乳濁がまざっているので「緑がかったまろやかな薄い青い色」です。それがとても優しく見えます。 珍しい発色の片口鉢です。
炎のあたり具合では、同じ色合いでも濃淡ができています。
貫入のはだは光沢がありますが、やはり「つくり」は啓蔵らしく男性的です。

※販売終了しました。

【湯のみ】虫喰釉湯のみ(だるま)


600DSCN3179

啓蔵・虫喰釉湯のみ(だるま)    (販売終了いたしました。)

同じ釉薬で、形が違う湯のみもございます。  啓蔵・虫喰釉湯のみ(筒)




湯のみ











Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る