ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【ぐい呑み】枯水 陶器

250

ひなびた感じのところがまた粋です。

啓蔵ぐい呑み 枯水  (販売終了)

【ぐい呑み】雪釉

879 啓蔵ぐい呑み 雪釉

【ぐい呑み】雪雲


ぐい呑み 雪雲

ぐい呑み 雪雲

ぐい呑み 雪雲


啓蔵ぐい呑み 雪雲
10,500円(税込)



地は黒というか碧というか、丁寧に何層も重ね掛けをした釉薬がかもし出す不思議な肌をしています。

実際に使ってみると「白い釉薬が厚くもったりとかかって、つるつるしたところ」が、持つ指に心地よいです。









雪雲

地は黒というか碧というか、丁寧に何層も重ね掛けをした釉薬がかもし出す不思議な肌をしています。
おおきく釉薬がはじけているのも勢いを感じます。
こちらで販売しています。 | 雪雲の記事をまとめて読む

【ぐい呑み】白乳濁



【ぐい呑み】白乳濁



【ぐい呑み】白乳濁




啓蔵ぐい呑み 白乳濁
7,350円(税込)




【片口鉢】 光沢茶



啓蔵片口鉢 光沢茶

お皿はたくさんの種類を持っていたい(料理ごとにいろいろ取り揃えたい!)
という方もいらっしゃるでしょうし、啓蔵の「この片口のデザインがいいのよ。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そのような方に、どんどん使って頂けるとありがたいです。




※販売終了となりました。

【ぐい呑み】夢雫

673  啓蔵ぐい呑み 夢雫
(販売終了)

【ぐい呑み】淡雪

啓蔵ぐい呑み 淡雪 (非売品)
日本酒を飲む時にくちあたりがよく 手になじむ淡雪のようなぐいのみ。
豪快でかつ繊細な気風が感じられる。

最高級の辛口の日本酒を飲みたい。 後世に残したい逸品です。(非売品)

【ぐい呑み】薄青

500img1402

500img1403

500img1405

500img1406
やわらかな水色の釉薬がはじけています。気品のあるぐい呑み。

【ぐい呑み】涌雲

P1010023

P1010020

P1010011
【ぐい呑み】涌雲


外側にかかっている釉薬が「オパール」に見えます。
かなり個性的なぐい呑みです。
碧がかったうすい黄色の地に、青碧がかった乳濁の釉がかけられています。まるで湧き上がる天女の雲のようです。
(天女の雲、と言っても想像ですが…)
見る方向、そしてひとつひとつの作品ごとに、それぞれ個性があって、光の加減では、うすい青にみえたり、白い部分が強かったりと、不思議な雰囲気がします。

使いこなすぐい呑み、だけでなく観賞して楽しむ 、というのにも向いている気がします。
繊細で端正な作品をお好みの方には向いていません。
豪快で力強く、個性的な作品をお好みの方にぜひお勧めします。 日本酒にもそして焼酎にもぴったりです。
ぜひ愛用ください。

【楕円皿】ころんころん・蒼カイラギ

DSCN2995



茶色と蒼が混ざったような発色です。
釉薬と3度重ねてかけたからこそ出る色合いなのでしょう。
啓蔵いわく、この釉薬を重ねてかける作業というのは非常に手間がかかるそうです。それだけに、味のあるいい作品ができあがるのでしょう。
お料理の好きな方への贈り物にもぜひどうぞ。
シックな器は、ご年配の方というよりも、若い方に好まれることが多いです。不思議ですが、落ち着きのあるうつわの魅力に惹かれる方が多いのかもしれません。










Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る