ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【ぐい呑み】青のしぶき



【ぐい呑み】青のしぶき




啓蔵ぐい呑み 青のしぶき
 8,400円(税込)



青のしぶき

この作品で一番注目して頂きたいのは、釉薬で表現している、青いしぶきの勢いです。
このぐい呑みは、外側と内側の風景が、まるで「動と静」のような、激しさと静かさをあわせもっているような作品です。釉薬で表現している、青いしぶきの勢いがすばらしいです。

こちらで販売しています。 | 青のしぶきの記事をまとめて読む

【湯のみ】青白濁

350 啓蔵・湯のみ・青白濁

400dscn0008
300dscn0009

淡い白濁とブルーがまじった、豪快ながら上品な湯のみです。焼成の加減によっては、ほんのりと緑色の発色がみられたりもします。
全部のっぺりとした同じ色、ではなくて、上下でいくつもの色の層ができているようにみえます。

内側は白い釉薬。きっと緑茶が映えることでしょう。


※販売は終了いたしました。

【楕円皿】薄色の皿

300img0525 300img0528 300img0527 300img0523
緑色がまざった薄い青と表現したらよいのでしょうか。 皿のふちは「たたき」の手法がもちいられています。(粘土で皿の形を成形後、ふちの部分をたたくことによって独特の紋様を出すもの)

また形は「ずんぐりむっくり」のいびつです。
半艶です。 また個体差がありますので正確には、発色も、形もどれひとつ「同じもの」はありません。




※販売終了いたしました。

【ぐい呑み】蒼岩肌

DSCN0026


DSCN0053


DSCN0017
こぶりながら、存在感があります。
「焼きしめ」で、重厚、という意味では、 啓蔵作品のぐい呑みの中でも「巌」に似ています。

どちらかというと、カイラギがはじけて岩肌のような感じです。掌で握りしめたとき、なんだかとってもあたたかい気持ちになります。

【ぐい呑み】蒼岩波


600DSCN2971


600DSCN2970



啓蔵カイラギぐい呑み 蒼岩波



価格:7,350円(税込)

青みがかった乳濁がよく出ていて、岩にかかる波のような「景色」になっています。

蒼と蒼と乳濁のグラデーションの変化や、コントラストがとてもおもしろい作品だと思います。






ぐい呑み販売

【楕円皿】「ころんころん」「蒼カイラギ」「土碧 」


楕円皿ころんころん・蒼カイラギ



楕円皿ころんころん・蒼カイラギ






茶色と蒼が混ざったような発色です。

釉薬と3度重ねてかけたからこそ出る色合いなのでしょう。

お料理の好きな方への贈り物にもぜひどうぞ。

シックな器は、ご年配の方というよりも、若い方に好まれることが多いです。不思議ですが、落ち着きのあるうつわの魅力に惹かれる方が多いのかもしれません。





啓蔵・楕円皿ころんころん・土碧
啓蔵・楕円皿ころんころん・土碧






土色と緑色の混じったような釉薬に、ほんの少し水色が見えたりもします。
落ち着いた色調のうつわなので、逆に料理が引き立ちます。

ですので「はなやかな料理をお作りになる方」に向いています。







【ぐい呑み】土色指跡

930  カイラギ土色指跡
啓蔵カイラギぐい呑み 土色指跡



よく見ると、ろくろでまわした指の跡がついています。
指跡については「好み」だと思います。
茶道、華道をされる方で、この「指跡」にこだわる方もたくさんいらっしゃいます。
人の手や指のぬくもりが伝わってくるからでしょうか。


【ぐい呑み】蒼片

179 蒼片
蒼い岩のかけらをイメージするカイラギのぐい呑み
(販売終了)

【ぐい呑み】豊土華2

カイラギ ぐい呑み



啓蔵ぐい呑み 豊土華2


カイラギというのは釉のちぢれのことを言います。萩原啓蔵はこのカイラギを何年も研究してきました。

カイラギの中でも「土水跡」のように端正なカイラギもあれば、この「豊土華2」のようにあらあらしい表現をしているカイラギもあります。この作品は釉薬がエネルギーを溜めたような個性があります。





*販売終了となりました。

【ぐい呑み】淡水釉・虫喰い



907 啓蔵ぐい呑み 淡水釉・虫喰い

啓蔵ぐい呑み湯のみ 淡水釉・虫喰い
    (販売中)

淡い水色の釉薬です。側面には虫喰いが出ています。
※虫喰いいというのは、釉薬の中に現れる孔(あな)の跡のようなことを意味し、珍重されます。
とても柔らかい優しい作品です。













Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る