ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【湯のみ】蒼波



300p1010008
1300p1010013




啓蔵作の湯のみにしては小ぶりです。私の掌でも、しっくりするような大きさ。
発色の青は、青、蒼、白濁のかかった青が、幾重にも…まるで波のように見えます。
ところどころに、焼成の時にできた「ひび」も、それはそれでまた個性的で魅力的です。


【ぐい呑み】淡波

300p1010024


啓蔵のぐい呑みにしては、小ぶりで、女性に好まれそうなデザインです。(実は、私の掌にもちょうどよいサイズです。)
釉薬は色が微妙に違う青が、かけられている、どちらかといえば淡く優しい印象のぐい呑みです。

【ぐい呑み】涌雲




300p1010020

300p1010022



かなり個性的なぐい呑みです。
碧がかったうすい黄色の地に、青碧がかった乳濁の釉がかけられています。
まるで湧き上がる天女の雲のようです。(天女の雲、と言っても想像ですが…)
見る方向、そしてひとつひとつの作品ごとに、それぞれ個性があって、光の加減では、うすい青にみえたり、白い部分が強かったりと、不思議な雰囲気がします。

【ぐい呑み】薄紫雲 




300p1010012






夕焼け空から、夜の空になりかけたとき、雲が紫色に見える、そんなイメージです。
ひとつひとつの発色も違いますし、眺める角度で紫色が強くみえたり、ほんのりと青い乳濁が強く見えたりします。


【ぐい呑み】紫青


DSCN2979







紫と青が入り交ざったような発色です。光りの加減では、茶色が混ざっているようにも見えます。それだけに、焼成の時の炎のエネルギーを想像できるような、作品です。
使えば使うほど、味が出てくるようなぐい呑み。同時に、辛口の日本酒を頂いてみたくなるような、そんなぐい呑み、と感じました。

【片口鉢】青乳濁

片口鉢 青乳濁



啓蔵・片口鉢・青乳濁



新商品のお知らせです。「啓蔵・片口鉢・青乳濁」

サイズは(大)




片口のうつわはとても魅力的ですよね。

しかも白そのもの、というのはよく見かけますが、「乳濁の釉薬の片口鉢」というのは、意外と珍しいような気がします。




【ぐい呑み】最近の作品

200606


最近の作品を並べてみました。


啓蔵カイラギぐい呑み 蒼龍
啓蔵・虫喰釉湯のみ
啓蔵虫喰いぐい呑み 宇宙
啓蔵ぐい呑み 蒼岩肌
啓蔵カイラギぐい呑み 蒼だるま

【楕円皿】土

楕円皿 土
啓蔵・楕円皿・土

形としてはプレーンな皿ですが、釉薬のかかりかたや、光のかげんによって、微妙にひとつひとつ違います。
土色をベースにして、場所によっては赤色に、そしてまた深い茶色にそして濃いグリーンにも見えます。

【片口鉢】赤(大)

片口鉢赤(大)

渋い赤色の発色。 赤色は「食欲を増進させる」と聞きます。
サラダでも煮物でも、何にでも使えそうです。
この鉢は、器のお好きな方、本当に気に入って頂けた方、良さがわかる方に使って頂きたい片口鉢です。


*販売終了いたしました。

【片口鉢】土(中)





啓蔵・片口鉢・土(中)


色は土色。
半ツヤがある、という感じです。
そして、「指跡」(ろくろでまわした際の筋状の土のあと)と細かい釉跡があります。
指跡に関してはお好みですが、お茶をなさる方のほとんどは指跡にこだわりがあるようです。










Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る