ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリーニュース 」 に関する記事一覧

【マグカップ】薄霧

p1010007

250P1300007 250P1300035

【マグカップ】緑炎

p1010023

P4080015

【楕円皿・片口鉢】薄緑

103
貫入のはだは光沢がありますが、やはり「つくり」は啓蔵らしく男性的です。

(販売終了)

【ぐい呑み】華片

220 華片
まるで華びらを彷彿させるような口まわり。優雅な感じがします。
所々に釉薬のたれがあり、これがなんとも言えない趣を出しています。

(販売終了)

【ぐい呑み】土達磨

500img1410

300img1412






黄土色にも濃い茶色にも場所によっては黄色にも見える部分があります。

形は、くるりんとした感じのだるまっぽい丸っぽい形です。

内側にはうっすらと黄色がかかった白色の釉薬がかかっています。

【ぐい呑み】【ぐい呑みを持つ掌】冬の雪

P4230011

【ぐい呑み】蒼だるま

【ぐい呑み】蒼だるま




【ぐい呑み】息吹


息吹

【ぐい呑み】息吹


陶芸作品:息吹の中でも、釉薬のかかり具合によっては、青が強く出た(発色)ものもあります。

【湯のみ】縞

ゆのみ 縞







艶消しの地に何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。

【ぐい呑み】白濁

578 啓蔵ぐい呑み 白濁

d300scn0035

d300scn0036

少し光沢を帯びたカイラギが、魅力的です。
個性的で豪快な作品。

釉薬の感じも、男性的な強さをもった作品です。


側面も、つるつるしているようでありながら、単調なものではなくて、ところどころに(釉薬のたまりなのか、それともカイラギの突起なのかはわからないものの)いぼのような突起があります。
それがまた、なぜか味があるのです。
すばらしい作品だと思います。

この作品の販売はいたしておりません。










Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る