ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 ぐい呑み 」 に関する記事一覧


ぐい呑み 淡光水色

ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品



ぐい呑み 萩原啓蔵 陶芸作品

ぐい呑み 淡光水色


薄い水色に光がさしたような景色です。上からかかる乳濁の釉薬がやさしいベールのようです。虫喰いと釉薬の取り合わせがやわらかい景色を作っています。


*販売終了となりました。

【新作】ぐい呑み 墨土虫喰い

 【新作】ぐい呑み 墨土虫食い



【新作】ぐい呑み 墨土虫食い



【新作】ぐい呑み 墨土虫食い



【新作】ぐい呑み 墨土虫食い 萩原啓蔵



【新作】ぐい呑み 墨土虫食い
【新作】ぐい呑み 墨土虫喰い



一見、地味です、よくみると、虫喰い、カイラギの紋様の美しさがじんわりと伝わってくるような、落ち着いた作品です。

こういう作品は、使いこんでいくほどに、愛着が増してくるような「私だけのぐい呑み」になっていくのでしょう。



・ こちらで販売しています。 「墨土虫喰い」

【ぐい呑み・楕円鉢】薄紫雲 【酒器】釉の酒器 料理とぐい呑み(43)

今回の料理のご紹介は盛りだくさんです。
しかし、今回の貴族さんの記事には、もうひとつお勧めがあります。
それはデジカメで撮影されたという動画。

内容も非常にすばらしい(かっこいい)のですが、なにより、デジカメであまりブレもせず、これだけの動画が撮影できるというのはすごいことではないでしょうか。
啓蔵ギャラリーでも、作品をご紹介するのに動画も試してみようかと思っているところです。
それは写真だけではなくて動画にすることによって立体感をお伝えできるのではないかと思っているからなのですが、現在準備中というか修行中(笑)です。
なかなかうまくいきませんが、挑戦してみたいと思っています。


それにしてもぶっちぎりでゴールに走りこむ快感、というのを、私も体験してみたかった。。。と思うのでありました。(たぶん無理ですが:笑)


釉の酒器,楕円鉢,薄紫雲 陶芸作品


釉の酒器,楕円鉢,薄紫雲 陶芸作品


釉の酒器,楕円鉢,薄紫雲 陶芸作品


薄紫雲 釉の酒器 萩原啓蔵 陶芸作品


薄紫雲 釉の酒器 萩原啓蔵 陶芸作品

『肉じゃが / もやしと椎茸の玉とじオイスターソース炒め 他 』
 2日分 (from 貴族鍋

肉じゃがなどの煮物を盛るには、楕円鉢がもってこいです。
深さがあるので汁ものでも大丈夫というところが重宝します。
ちなみに私は、豚肉で作る方が好みです。というか、全般的に牛肉より豚肉の方が好きです。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)


【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・楕円鉢「薄紫雲
・ぐい呑み「薄紫雲」 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)



『寄せ鍋』 【ぐい呑み】白釉  料理とぐい呑み(42)

ぐい呑みの風景、料理とぐい呑みシリーズ 第四十二弾です。

今回の鍋にも使われていますが貴族さんの料理には、隠し味としてよく「こぶ茶」が登場します。
それに影響されて、我が家でもこぶ茶を購入してみました。
まだ使いこなせてはいませんが、新境地が拓けるのではないかと期待しているところです。(キリッ)


【ぐい呑み】白釉  料理とぐい呑み


【ぐい呑み】白釉  料理とぐい呑み

『寄せ鍋』
 (from 貴族鍋

個人的には、このぐい呑み「白釉」の、もこもこ感のある釉薬が大好きなのでした。
使って頂けて本当に光栄です。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)




【酒器・ぐい呑み】釉の酒器 料理とぐい呑み(41)

私の友人で関西出身の方は、例外無く、タコが好きです。なにかそういうものがあるのでしょうか。
貴族さんいわく「タコ好きに悪人はいない!」だそうです。

全然関係無いけれど、受験グッズとしてもタコを置いたりしますよね。
置くとパス(合格) → オクトパス → Octopus (笑)


釉の酒器

釉の酒器

『甘鯛の一夜干し、茹でタコ刺身、長芋短冊のなめ茸和え、冷やし茄子、キュウリのQちゃん、そして透明な力水~』
   (from 貴族鍋

それにしても、Amazonの段ボールのお話とか。。。(笑)
ご興味のある方はぜひ本文をご覧ください。

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)



【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)

【ぐい呑み】白乳濁  釉の酒器 料理とぐい呑み(40)

酢だちは「酢橘」と表記するのですね。(初めて知りました。。。恥)
画像からいい香りがしてきそうな感じ。

ところで、どうして「うす揚げ」に「さん」がつくのでしょうか?
うちの近くのスーパーでも、時々、人参「だけ」、「人参さん」と書かれて表記されることがあって、不思議だなあと思っていました。
でも「さん」をつけると、なぜだか、いつもにも増しておいしそうにもみえますね。
。。。。。。ん!それはスーパーの作戦だったのか!(笑)


すだち鍋 ぐい呑み 白乳濁


すだち鍋 白乳濁 ぐい呑み

『すだち鍋』
   (from 貴族鍋

彩(色どり)も考えていらっしゃるのでしょうか、蕎麦を2種類をゆがくなんて手をかけてますね。
みどりが映えて美しいです。(!)

食卓の色合いが、なんとも素敵なナチュラルカラーになっています。



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
▼商品のページ
ぐい呑み 白乳濁  (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器」(販売終了いたしました。)



『えのきポン酢の梅肉和え / 手羽先の柚子胡椒焼き』【ぐい呑み】青濁垂 心の葉 釉の酒器 料理とぐい呑み(39)

8月のブログの記事ですが(遅くなりまして申し訳ありません。)さっそくご紹介したいと思います。

おいしそうな料理の写真を拝見すると、おなかがすいてきます。
すごい高級な素材ではなくて、どこにでもあるような素材を使っているのに、なにかセンスが違う「おいしさ感」があるのですよね。
しかも、そのなかで啓蔵作品を使って頂けることがとてもうれしいです。

冷蔵個の中にある材料で作る「アルモンデ料理」だそうですが、なかなか~。すごいです。


えのきポン酢の梅肉和え


青濁垂


手羽先の柚子胡椒焼き

『えのきポン酢の梅肉和え / 手羽先の柚子胡椒焼き』
   (from 貴族鍋

えのきの上に梅肉をのせるところなど、本当に細かいところまでこだわっています。
写真はご紹介していませんが、個人的には「冷やしトマトの出汁風味」に興味があります。
考え付かなかった取り合わせなのですが、どんな味なのか食べてみたい。
とは言うものの、今年の夏はトマトが高価だったので、私自身はなかなかトマト自体を買えませんでしたが。。。

ところで、ぐい呑み「 青濁垂」ですが、今でもお問い合わせがよく来ます。
すでに販売終了になってから長いのですが、惹きつけられるものがありますね。

一番下の写真には啓蔵作品の、「青濁垂」(ぐい呑み)、釉の酒器(注器)、心の葉(片口鉢)、丸大皿(非売品)が写っております。
いつもありがとうございます。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
▼商品のページ
片口鉢 心の葉 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)



啓蔵の青い釉薬 ぐい呑み「淡青波」

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波
萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波


淡青泡と色調が似ていますが、この「淡青波」の方がどちらかというとやさしい感じがします。

とはいえ、この啓蔵ならではの、青い発色!
青の釉薬の重ね掛けされた発色は、とてもきれいです。こんな青の発色は珍しいと思いませんか?
青と表現しましたが、なんともロマンティックな青、(碧がまざったような)ふんわりした青です。

「肉のタタキ」【ぐい呑み】乳濁釉虫喰い 料理とぐい呑み(37)

ずいぶんと久しぶりの更新です。
大変申し訳ありません。ちょっと宇宙旅行していました。(嘘です。)
これから少しずつ、更新もしていきたいとおもっておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


梅かつお(梅を細かくたたいたもの)とか、もずくとか。唾液が出そうなメニューです。


【ぐい呑み】乳濁釉虫喰い 料理とぐい呑み(37)
【ぐい呑み】乳濁釉虫喰い 料理とぐい呑み(37)
「肉のタタキ」
   (from 貴族鍋

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

肉のたたきはカイワレをまいて食べるんですって。ひーふひーふ。おいしそう。


【ぐい呑み】 「 乳濁釉虫喰い」(湯のみとして販売しています)

【酒器】「啓蔵酒器 釉の酒器

ぐい呑み「嵐」 撮影しなおしました。




ぐい呑み「嵐」


ぐい呑み 「嵐」


ぐい呑み 「嵐」

ぐい呑み 「嵐」


ぐい呑み「嵐」の豪快さを伝えたくて、何回も撮影しなおしています。
細かいところまで、少しでも雰囲気が伝えられるといいのですが。








青色のぐい呑みたち

青色のぐい呑みたち 萩原啓蔵 陶芸作品 青の釉薬

青色の釉薬がかかったぐい呑みを集めて撮影しました。

前列向かって左側は 青冠です。再販売することになりました。
個性的な作品です。実際にお買い上げくださった皆様の感想などはこちらをご覧下さい。

前列真ん中は 蒼雲です。これは店長が最近の中で一番のお気に入りの作品です。
青い地球を外からみたとき、こんな風景がひろがるのではないかと想像します。

それ以外の作品はこれから販売予定の作品たちです。(まだ準備ができずに申し訳ありません。)

同じブルーの釉薬でもこんなにも個性があってこんなにも違うものなのですね。
ひとつひとつ本当にみているだけでも楽しいです。

【新作】ぐい呑み「墨渦釉」販売開始のお知らせ

 ぐい呑み「墨渦釉」



ぐい呑み「墨渦釉」



ぐい呑み「墨渦釉」

ぐい呑み「墨渦釉」



墨絵のなかにひろがる渦のような反転が、個性的にひろがったりくっついたりして独特の紋様が出ています。
単なる斑点ではなく深みのある、しかも光沢のあるうっすらと色の変化を伴って変化していく様は、とてもおもしろいです。



啓蔵作 ぐい呑み 墨渦釉

ぐいのみ
うずのような墨絵のような、独特な深みのある渋い作品。




「豚の角煮鍋」・「筍ともやしのポン酢炒め」 【ぐい呑み】乳濁釉虫喰い 料理とぐい呑み(36)

豚の角煮は大好物です。
圧力鍋が壊れてしまったので、最近は御無沙汰ですが。


「豚の角煮鍋」・「筍ともやしのポン酢炒め」
「豚の角煮鍋」

「筍ともやしのポン酢炒め」

【ぐい呑み】乳濁釉虫喰い

「豚の角煮鍋」・「筍ともやしのポン酢炒め」
   (from 貴族鍋

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

豚の角煮にはちょっと大きめのぐい呑みで、冷酒を豪快に。。。
でも、呑みすぎないでくださいね。

【ぐい呑み】 「 乳濁釉虫喰い」(湯のみとして販売しています)

『レタス鍋・あさりの酒蒸し』 【ぐい呑み】青濁垂 料理とぐい呑み(35)

今回は、冷蔵庫にあったお野菜を有効利用。
レタス鍋が中心です。



レタス鍋

あさりの酒蒸し

ぐい呑み 青濁垂

レタス鍋・あさりの酒蒸し
『レタス鍋・あさりの酒蒸し』
   (from 貴族鍋

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

椎茸の飾り包丁とぐい呑みで食卓の景色が引き締まりますね。

・ぐい呑み「 青濁垂」(販売終了)

ぐい呑み 「涌雲」 「茶白」 「抹茶碗」 ご感想

涌雲

いつもお世話になっております。大分県のNです。

 本日、無事に商品が届きました。
 今回は、ダンボールが予想より大きかったので驚いたのですが、開封して納得しました。
 大変丁寧な梱包で、ショップの皆様の丁寧さには本当に感謝しております。

 さて、いつものとおり手を石鹸で清めてからの楽しい開封作業を行って、まず大注目の
試作品の抹茶碗を見て驚きました。
 HPで紹介されていた作品とは似ても似つかない作品でした。
 いままで、啓蔵先生の抹茶碗=カイラギと思っていたところ、先着プレゼントの画像を
見て渋い作品だと、欲しいなぁと思っていたのですが、私がいただいた作品は、先生の作品では見たこともない釉薬の色で正直土肝を抜かれました。
 茶色が基調なんですが、色々な釉薬(紫・蒼・碧・白に見えますが・・・。)がまるでオー
ロラのようにうねりながら下に流れる様は圧巻です。先生の作品の特徴である虫食い
が控え目に入っている様も夜空の星を想わせ、やはり先生の作品は宇宙を想わせる
と一人手に取りニンマリしております。
 この度はこのような素晴らしい抹茶碗をいただき、本当にありがとうございます。


 「涌雲」と「茶白」については、使用後に詳しい感想を別途送らせていただく予定ですが
(あくまで使用したらですが・・・。)、「涌雲」は画像で見るより遥かに綺麗な作品だと思い
ます。特に釉薬の色が秀逸で、確かにオパールのように光りの具合で様々な色に見えます。
 「茶白」については、白釉のボリュームが半端ではなく、今までお譲りいただいた作品の中で一番モッタリ懸かっている作品です。
 今回、お譲りいただいた2作品とも紹介されていた画像のものでしたので、想像どおりの部分もあれば、私の貧相な想像など及びも付かない部分も見れてとっても良かったです。
今は「紋跡」と「星雲」に嵌っていますので、いつ使用するかは未定ですが・・・。


 こんなに啓蔵先生の作品に嵌るとは思っていませんでしたが、本当に嬉しい誤算です。

これから作陶には厳しい季節となりますが、啓蔵先生にはいつまでも素晴らしい作品を発表し続けていただくためにもお体ご自愛いただくようお伝え下さい。

 それでは、今後ともよろしくお願い致します。

(大分県 N様)



(店長)
N様からの感想をご紹介するのが遅くなってしまい申し訳ありません。

N様に喜んで頂けて本当にうれしく光栄です。
特別プレゼントの抹茶碗、そしてぐい呑み、それぞれにN様のお手元で末永くご愛用を頂けると幸いです。

ゆっくりでかまいませんので「涌雲」「茶白」 をご使用されたときのご感想をぜひお聞かせください。
作品を眺めているだけのときと、お酒を入れて実際にお使いになったときとでは、また違った感覚があることと思います。
(実際にお使いになって作品をご覧になれるのは、購入された方「だけ」の特権ですものね!)
N様にはいつも暖かい心強いメッセージを頂き、本当に感謝しております。
今後共どうぞよろしくお願いいたします。

【ぐい呑み】蒼雲


ぐい呑み 蒼雲 陶芸作品画像

ぐい呑み 蒼雲 陶芸作品画像

ぐい呑み 蒼雲 陶芸作品画像




【新作】【ぐい呑み】蒼雲 



蒼い雲というのも変ですが、大気圏の外から青い地球をみたとき、こんな風景がひろがるのではないかと想像します。

釉薬のながれ、貫入が、いっけんあらあらしくもみえるのですが、眺めているととても優しい気持ちになります。
淡くて静かでやさしい作品です。
また釉薬がはじけてところどころ「下の釉薬の地」が見えるのですが、それが、まるでちいさな泡のようだったり、小さな魚にもみえたり…本当に眺めていてあきないおもしろみもあります。
作品はひとつひとつ違いますので、どれをとっても同じものはございません。世界にたったひとつのぐい呑みの景色をどうぞお楽しみください。






【ぐい呑み】海底

ぐい呑み 海底
海底
【ぐい呑み】海底

啓蔵にしては珍しい地の色が緑色。落ち着いた緑色の地は岩のような雰囲気があります。そして乳濁に緑色がまざった釉薬が上からかけられています。海の底というより、海と波というような気もしますし、海の底の流れのような気もします。

【ぐい呑み】淡水釉・虫喰い 撮影しなおしました。


【ぐい呑み】淡水釉・虫喰い
【ぐい呑み】淡水釉・虫喰い



啓蔵ぐい呑み 淡水釉・虫喰い(販売中)


撮影しなおしました。
地味な作品ですが、虫喰いと貫入がきれいです。

『キャベジン鍋・うどんバージョン』 【ぐい呑み】小雪釉 料理とぐい呑み(34)

6月というのは体調を崩しやすいですよね。どうぞみなさまもお気をつけてお過ごし下さい。

おなかにくるようなときには、大根おろしやうどん、梅干など、胃腸にやさしそうです。
はやく元気になってくださいね。(かなり時間差がありますが…すみません。)


キャベジン鍋・うどんバージョン


キャベジン鍋・うどんバージョン
『キャベジン鍋・うどんバージョン』
   (from 貴族鍋


『冷たいビールは胃腸によくないので、常温のお酒と赤ワインでヤラカスことに~♪ 
はいっ、こう見えて体のことをちゃ~~んと考えてたりするんだよね。 
自己管理は、デキル男の証!(ウフッ)』

↑一応ご紹介しておきます。(笑)




*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)


・ぐい呑み「 小雪釉」(販売中)









Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る