ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 湯のみ 」 に関する記事一覧


青緑湯のみ オーロラみたいな発色 

青緑湯のみ

2

5

青緑湯のみ


紫色と土色と青色を混ぜたような、としか表現できない、不思議な発色の湯のみです。
この融合が、内側のオーロラみたいな色を出しているのでしょう。

 



虫喰釉碧衣湯のみ 虫食いと釉薬の妙

虫喰釉碧衣湯のみ 虫食いと釉薬の妙
虫喰釉碧衣湯のみ

撮影しなおしました。
(釉薬の発色の微妙な色加減をお伝えするためには、何回も何回も撮影して、少しでも雰囲気をお伝えできるようにしようと思っています。でも正直なところとても難しいのですが)


だるま型の形状に、虫食いのおもしろさ、釉薬の色合いを愉しむ、湯のみです。
新茶を入れて頂くのもよし、陶芸作品として楽しむのもよし、です。


虫喰釉碧衣湯のみ


【湯のみ】縞 違った表情も


【湯のみ】縞 違った表情も
【湯のみ】縞 違った表情も2


湯のみ 縞


湯のみ「縞」を撮影しなおしました。

明るい土色の部分とは違った、渋い側面もある陶芸作品です。
釉薬の発色は「違った表情」をみせ、そこがまた魅力的です。







「虫喰釉湯のみ」撮影をしなおしました。

「虫喰釉湯のみ」撮影をしなおしました。


虫喰釉湯のみ


虫喰釉湯のみの、微妙なブルーの色は、何回撮影してもうまく撮れません。
いったい何回目の挑戦かとも思いますが、少しでも色合いや雰囲気をお伝えするべく、撮影を続けていきたいと思います。

この「虫喰釉湯のみ」は虫食いの景色も趣があります。
だるま型で、男性の掌にちょうどよく合うようなおおぶりの湯のみです。焼酎カップとしてお使い頂くこともできます。


虫喰釉湯のみ(だるま)

【お客様のご感想】湯のみ「虫喰釉碧衣湯のみ 」


虫喰釉碧衣湯のみ

虫喰釉碧衣湯のみ


虫喰釉碧衣湯のみ、無事届きました。
無理を言って父の日に間に合わせていただきまして、本当にありがとうございます。
「父の日」と言っても私の夫へのプレゼントなのですが・・。ふっくらとした形がメタボ気味な夫にぴったり(?)だと思います。
落ち着いた青地につやのある薄い碧が優しげです。夫も手に取り大変喜んでいます。
私の湯飲みや夫のぐい飲みも少しずつそろえて行きたいと思います。

(仙台市  Y3様)


(店長)
Y3様、ご感想をありがとうございました。
ご主人様に喜んで頂き、大変光栄です。あのだるまのような形は、掌にもなじみ使いやすいのではないかと存じます。大ぶりの湯飲みですが、焼酎カップとしてお使いいただいている方もいらっしゃいます。
ぜひ、いろいろとお楽しみください。
またご縁がございましたらぜひお立ち寄り頂けるとうれしく存じます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




虫喰釉碧衣湯のみ

【お客様のご感想】「虫喰釉碧衣湯のみ」


【お客様のご感想】「虫喰釉碧衣湯のみ」


虫喰釉碧衣湯のみ



何時も私が啓蔵さんの”虫喰釉湯のみ”で、お茶を飲んでいるのを
うらやましそうに横目で見ているので、
先日、母の誕生日に”虫喰釉碧衣湯のみ”をプレゼントとしました。
はっきりした虫食い模様、グリーンの釉薬の色合いが気に入った
ようで、とてものみやすいと喜んでくれています。

こたつで、薄皮たい焼きと素敵な器で至福の 一腹を楽しんでいます!

(東京都 Y様)

(店長)
Y様、画像とご感想をありがとうございました。
(写真がとても綺麗ですね!)

啓蔵の虫食いの湯のみが並んでいると、本当にありがたいやら、うれしいやら…の気持ちでいっぱいです。そしてお母様に喜んで頂けて光栄です。

それにしても「薄皮たい焼」もおいしそうですね!
甘いものにお茶…
素敵な時間ですね。

お母様にもぜひよろしくお伝えくださいませ。
このたびは本当にありがとうございました。



虫喰釉碧衣湯のみ




『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)

貴族さんらしい鍋(笑)です。

それもしても素材が、
キムチ, ニラ, ニンニク, 卵, 牛乳, 牡蠣, 生姜, 白子, 肝, 胡麻油, 長芋, 鶏がら…
なんて贅沢な!
これで元気にならないわけがない!!(`・ω・´)キリッ
明日こそは、ぜったいに負けられない、勝負だ、というようなときに
ぜひ参考になさってください。


ニンニクですが
『ラップに包んでレンジで軽くチンッして蒸かしたニンニクね。』
そのまま生で入れていた私としては参考になりました。


『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)

『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)

『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)

『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)

『男の本気出汁鍋 』 料理とぐい呑み(84)
『男の本気出汁鍋 』
 (from 貴族鍋


これで風邪も撃退できますね!
そして「気合」もはいれば、言うことなし、です。(これがむずかしい…)

*************************
*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

乳濁釉虫喰い

お取扱い終了いたしました。 | 「乳濁釉虫喰い」に関する記事をまとめて読む





【お客様のご感想】「虫喰釉碧衣湯のみ」

ゆのみ
虫喰釉碧衣湯のみ


早々の発送ありがとうございました。
 母は1月3日が誕生日なので、 孫たち2人からおばあちゃんのプレゼントして
 渡そうとおもっています。きっと喜んでももらえると思います!
 
 ぐい飲みのおまけプレゼントありがとうございます。
 何時もお気遣いいただきありがとうございます。
 こちらは 私の クリスマスプレゼントのお楽しみとして、
 今しばらく開封を我慢しようと思っています。
 (プチプチの上から眺めたり、触って見たりしているのも、楽しい時間だったり
 します。)

 啓蔵さんも 抹茶茶碗と一緒に写っている姿を拝見致しましたが、お元気そうで
 何よりです。
 新作も楽しみにしております。 

(東京都 Y様)

(店長)
Y様、いつもありがとうございます。
湯のみは釉薬の妙をお楽しみください。また形もぷっくりとして掌になじむと思います。
お母様に喜んで頂けると幸いです。

新作につきましては届いておりますので、また年明けにでもご紹介できる予定です。ぜひお楽しみになさってください!
今後共どうぞよろしくお願いいたします。



虫喰釉碧衣湯のみ

『「風邪かな?」っと思ったら湯豆腐 』 料理とぐい呑み(80) 

この時期、風邪がはやっていますが、とても参考になります。

『鍋のダシはシンプルに昆布出汁ね。 っで、香りづけ柚子の皮。 それから豆腐は切らずに、そのまま丸ごと使うことに! こうすると炊きすぎでも豆腐に鬆(ス)が入りにくいんだよね。』
とのこと。なるほどぉ~。
ただ、これは独身貴族の方はいいけれど、家族で、私の湯豆腐~、俺の湯豆腐~などと取り合う場合には向いていないかもしれませんね。(すみません、すみません。)




『「風邪かな?」っと思ったら湯豆腐  』 料理とぐい呑み(80) 

『「風邪かな?」っと思ったら湯豆腐  』 料理とぐい呑み(80) 

『「風邪かな?」っと思ったら湯豆腐  』 料理とぐい呑み(80) 

『「風邪かな?」っと思ったら湯豆腐 』
 (from 貴族鍋


体もあたためてゆっくり寝る!
風邪はこれで撃退しましょう!!


*************************
*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)


乳濁釉虫喰い

お取扱い終了いたしました。 | 「乳濁釉虫喰い」に関する記事をまとめて読む



湯のみ作品まとめ

湯のみ作品

NAVERのまとめ、で「湯のみ」作品一覧を作っています。


(順次追加していきたいと思います)


[Good]ボタンを押下して頂けるとうれしいです!


「サバ缶と白菜のニンニク味噌鍋」  料理とぐい呑み(69)

サバ缶の水煮はいつも買い置きすると便利ですね。
敢えて味噌煮ではなくて水煮を買って、ニンニク味噌ダレは手を抜かない、というところがさすがです。

ちなみにニンニク味噌ダレは
『まず皮を剥いたニンニクをラップで包んで約2分ほどチンッして、蒸されてやわらかくなったらスプーンで潰しておく。 
そこへ味噌、酒、みりん、豆板醤で味つけして仕上げに胡麻油を加えて混ぜ合わせれば出来上がり。

↑参考になりますね!



「サバ缶と白菜のニンニク味噌鍋」
「サバ缶と白菜のニンニク味噌鍋」
「サバ缶と白菜のニンニク味噌鍋」 ぐい呑み
「サバ缶と白菜のニンニク味噌鍋」
   (from 貴族鍋


こちらで使われているのは「ぐい呑み 乳濁釉虫喰い」ですね。
日本酒と合って、なかなか素敵です。

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)



乳濁釉虫喰い

お取扱い終了いたしました。 | 「乳濁釉虫喰い」に関する記事をまとめて読む

湯のみ「蒼波」撮影しなおしました。

湯のみ「蒼波」撮影しなおしました。

湯のみ「蒼波」


この蒼色は撮影するのが難しいです。ほんの少し、蒼に赤みがあるというのか紫が混ざっているようにも見えますが、なかなかそのものの「色」は何度撮影しても、うまく出ません。
また個体差もあります。

雰囲気だけでもお伝えできればうれしいです。





【お客様の感想】【湯のみ】虫喰釉湯のみ(だるま)

虫喰釉湯のみ(だるま)

 本日、無事に作品が届きました。
 この度も大変お世話になりました。

 早速いつもの手順(儀式)を踏んでダンボール箱を開封しました。
 当然まだ使用していないので、見た目の感想ですが「虫喰釉湯のみ(だるま)」
については、念願の箱書きに感動したうえに、実家の母親が毎日愛用している
「虫喰釉薬湯のみ」と比較して随分グラマラスな印象を受けました。
 これで焼酎を飲んだらさぞや美味しいだろうというのが感想です(笑)

 もう一つ、いつも「おまけのぐい呑み」という表現に躊躇してしまう非売品の作品
ですが、底に啓蔵先生のトレードマークが無いこと、私が譲っていただいたどの
ぐい呑みより大きいこと、そして現在販売されている作品のどれにも似ていない
発色に驚きました。底には「シラス」との先生の直筆つき。

 どちらの作品を使用するか(今回はどちらも使用しない気が・・・)悩んでいます。

 また、使用させていただいた場合には別途感想をお送り致します。

 この度も大変お世話になりました。

(埼玉県 N様)

(店長)
ご紹介が遅くなってしまいましたがご感想をありがとうございました。
本当に啓蔵作品を大事にしてくださりいつもありがとうございます。


以前にN様には、虫喰釉湯のみ(筒)をお母様の贈り物としてお買い上げ頂きました。
今回のだるまの湯のみは、N様がご自分でお使いになるとのことでございました。
だるまの、ふんわりしたカーブ(グラマラスな、という表現に思わずくすっとしてしまいました。)が、掌になじむかと思います。
虫喰いも味わい深い作品ですよね。

ぜひお使いになられたご感想もお待ちいたしております。
今後共どうぞよろしくお願いいたします。


虫喰釉湯のみ(だるま)




【お客様のご感想】湯のみ「淡乳濁」「虫喰釉碧衣湯のみ」

昨日、素敵な湯のみとぐい呑みが届きました^^
どうもありがとうございました~。
両親も喜んでくれまして、明日から使ってくれるそうです。

(@jasmine_agenda様)


お誕生日祝

(店長)
twitterのメンションでご感想を頂きました。(新しいスタイルですね!ありがとうございます!)

お父様とお母様のお誕生日祝いで、それぞれに湯のみの贈り物を、ということでご注文を頂きました。
ラッピングはお二人がご一緒のタイミングでお誕生日とのことで、リバーシブルでのラッピングにいたしました。末長く「淡乳濁」「虫喰釉碧衣湯のみ」をご愛用頂けるとうれしいです。


虫喰釉碧衣湯のみ


淡乳濁

お取扱い終了いたしました。 | 「淡乳濁」に関する記事をまとめて読む

【お客様のご感想】【湯のみ】縞

湯のみ 縞

湯のみ 縞



お世話になります。
先ほど、無事「縞」が届きました。
梱包の件、おまけの小皿の件など、細やかにご連絡いただきましてありがとうございました。

好みまで考えて選んでくださった様子、感激です。
たしかに「縞」と「息吹」を色、質感だけで並べてみると、だんぜん「息吹」のほうが好みなんですよね。
しかし、選んでくださった「縞」は、とても気に入りました!
渋い色合いに、白苔のような白緑色のアクセント(素人なので、何と呼ぶのかわかりませんが)がいいですね。見飽きません。
きっと長くつき合っていけると思います。

大きさも、着く前は「お寿司屋さんの湯のみみたいに、かなり大きい感じかも」と思っていたのですが、実際は大きすぎることもなく、案外、女性の両手でほこりと持つのにもいい形で、嬉しくなりました。

小皿もいい色合いで、気軽に使うのによさそうです。
手ぬぐいはよく使いますので、とても嬉しいです。
ありがとうございました。

今まだお米のとぎ汁につけておりますので、使い始めてなにか気がついたことがあればお
知らせするかもしれません。

まずは無事到着の御礼まで。

 (広島県 S様)


(店長)
実はS様は、息吹を注文されていました。
でも、湯のみとしてお使いになりたい、ということを伺い、息吹では少々小さすぎるのではとお知らせしたところ、縞へ変更された、という経緯でした。

(確かに煎茶の小ぶりの湯飲みとしても使えないことはないのですが、でもやはり、心持ち小さいのではないかと思います。)

そのとき、S様から
『お皿であれば、寸と深さで決めてあまり失敗はないのですが、飲み物を入れるものは、どうしても「どのくらい入るかな?」と考えますので、容量がわかるととても嬉しいのです。』
というメールを頂いて、本当に目からウロコというのでしょうか、気がつかなかったことを教えて頂きました。本当にありがとうございました。
少しずつですが、ぐい呑みや湯のみには容量表示をしていきたいと思います。
S様、このたびは本当にありがとうございました。
   
    *販売する作品は当然ながら使用をいたしません。
     たとえ水であっても作品には入れませんので
     容量をはかるときには、「作品にビニール袋をかぶせその上から水を注入し、
     ビニール袋の水を計量カップではかる」というようにしました。
     ですので多少誤差はあるかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

息吹のような渋いぐい呑みがお好みだということでしたので、「縞」の在庫の中から少しでも息吹にテイストが似ているものを..と選びました。ですので気に入って頂けてほっといたしました。
いつの日かまたご機会があれば、息吹をご注文頂けるとうれしいです。^_^

何年もWebショップを運営していておりますが、いまだにお客様に教えて頂くことも多く、本当に感謝しております。
今後共、どうぞよろしくお願いいたします。


——————–

その後、あらためてS様より、実際にお使いになったご感想を頂きました。本当にありがとうございます!

『その後、毎日使っております(^^)
お茶をていねいに淹れる、貴重なひと時となっております。
「縞」は、渋い見た目に比べて軽いので、女性にもとても持ちやすいと思います。
(少し薄めに作ってあるのでしょうか)

夜はお茶はあまり飲まないので、朝専用みたいになっていたのですが、ある冷える晩ふと思いついて、温かいお湯を注ぎ、そこに焼酎を少し足して飲んでみました。
旨~い(爆)
ぐいのみは小ぶりなので、日本酒その他ストレートで飲むものによさそうですが、お湯のみを、焼酎のお湯割りに使うという隠れ技も、見つけてしまいました。
かなりオヤジくさいですが(笑)

釉薬が、同じ茶色でも、濃さや手触りがお湯のみの上のほう(光沢)と下のほう(マット)で全然違うのを、指でふれて楽しんだりしております。
湯のみの胴の「縞」がちょうど指にフィットして、すべらず持ちやすいのも気に入っています。』

なんと!焼酎カップとしてもお使い頂いているとのこと。
たくさんお使い頂ける機会があると、湯のみ冥利!?に尽きます。
ご愛用くださって本当にありがとうございます。





「ぐいのみ」「ゆのみ」をまとめてご紹介

NAVERのまとめ紹介で

陶芸家 萩原啓蔵 ぐい呑み 陶芸作品集
陶芸家 萩原啓蔵 湯のみ 陶芸作品集


を作りました。

啓蔵作品を、たくさんの方に、違った切り口でご紹介できればと思います。
ぜひどうぞよろしくお願いいたします。






『湯豆腐』 料理とぐい呑み(60)

ブログで料理を紹介している貴族さんの記事です。
啓蔵作品を使って頂いて本当に光栄です。


虫喰釉碧衣湯のみ 萩原啓蔵 湯のみ 陶芸作品



今回の湯豆腐でびっくりしたこと、それは、湯のみの使い方です。
『鍋は昆布出汁ね。 っで、つけダレの出汁醤油は鍋に湯呑みを入れて、こんな感じに温めてヤラカス作戦!』
とのことです。確かにぐらぐら煮立たせるわけでもないので、じんわりとあたためて使うにはおもしろい使い方ですね~。



萩原啓蔵 陶芸作品 酒器 ぐい呑み 山霞貫入 片口

萩原啓蔵 陶芸作品 酒器 ぐい呑み 山霞貫入

湯豆腐』 料理とぐい呑み

『湯豆腐 』
  (from 貴族鍋


体調をくずした時に、湯豆腐はぴったりですね。
締めの雑炊も体があたたまりそうです。(おなかがすいてきました。)
いつもながら画像に感謝です。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)



【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・ぐい呑み「山霞貫入」 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器」(販売終了いたしました。)
・湯のみ「虫喰釉碧衣湯のみ」(販売終了いたしました。)


【みどりいろを基調にしている釉薬】「淡碧(筒)」「海底」



緑色を基調にした釉薬を使った作品です。

淡いおだやかな「淡碧(筒)」
個性的である種のこだわりを主張しているかのような「海底」

並べてみると、とてもおもしろい景色です。





【湯のみ】淡乳濁 、淡青炎


【湯のみ】淡乳濁 、淡青炎


この2つの湯のみは、湯のみとしては小ぶり、ぐい呑みとしては大ぶり、というサイズです。
側面の部分が八角形の形は、女性の手にも持ちやすくモダンです。


淡青炎 (画像左側)

淡い青が炎で変化して、その上から乳濁の釉薬がかかっています。優しく深い味わいのある「景色」です。
茶色にうっすらと変化する様子が、なんとも言えない趣きがあります。
そしてこの淡い青、茶色、白の変化が美しいです。
虫喰いの妙、貫入(ひびわれ)もぜひお楽しみください。

お取り扱い終了となりました。 | 淡青炎の記事をまとめて読む

淡乳濁 (画像右側)

乳濁の釉薬が何層かにかかっています。
釉薬や火の加減で、どちらかというとクリーム色が多くでているもの、薄いピンク色が多く出ているもの、など個性があります。
まるで羽衣を重ねたような微妙な変化がみられます。
虫食いや貫入(ひびわれ)も趣き深いです。

お取扱い終了いたしました。 | 淡乳濁の記事をまとめて読む


 その他の販売中の湯のみ



【湯のみ】陶芸作品一覧




「湯のみ」陶芸作品一覧


啓蔵の陶芸作品「湯のみ」です。
リンク先の個々の画像をクリックすると、作品についての記事をご覧になれます。

*現在、販売していない作品もございます。


販売している湯のみ












Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る