ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 縞 」 に関する記事一覧


湯のみ 縞 しまじまの味わい


5


湯のみ 縞


飄々とした風情の湯のみですが、とても味わいがあります。





【湯のみ】縞 違った表情も


【湯のみ】縞 違った表情も
【湯のみ】縞 違った表情も2


湯のみ 縞


湯のみ「縞」を撮影しなおしました。

明るい土色の部分とは違った、渋い側面もある陶芸作品です。
釉薬の発色は「違った表情」をみせ、そこがまた魅力的です。







【お客様のご感想】【湯のみ】縞

湯のみ 縞

湯のみ 縞



お世話になります。
先ほど、無事「縞」が届きました。
梱包の件、おまけの小皿の件など、細やかにご連絡いただきましてありがとうございました。

好みまで考えて選んでくださった様子、感激です。
たしかに「縞」と「息吹」を色、質感だけで並べてみると、だんぜん「息吹」のほうが好みなんですよね。
しかし、選んでくださった「縞」は、とても気に入りました!
渋い色合いに、白苔のような白緑色のアクセント(素人なので、何と呼ぶのかわかりませんが)がいいですね。見飽きません。
きっと長くつき合っていけると思います。

大きさも、着く前は「お寿司屋さんの湯のみみたいに、かなり大きい感じかも」と思っていたのですが、実際は大きすぎることもなく、案外、女性の両手でほこりと持つのにもいい形で、嬉しくなりました。

小皿もいい色合いで、気軽に使うのによさそうです。
手ぬぐいはよく使いますので、とても嬉しいです。
ありがとうございました。

今まだお米のとぎ汁につけておりますので、使い始めてなにか気がついたことがあればお
知らせするかもしれません。

まずは無事到着の御礼まで。

 (広島県 S様)


(店長)
実はS様は、息吹を注文されていました。
でも、湯のみとしてお使いになりたい、ということを伺い、息吹では少々小さすぎるのではとお知らせしたところ、縞へ変更された、という経緯でした。

(確かに煎茶の小ぶりの湯飲みとしても使えないことはないのですが、でもやはり、心持ち小さいのではないかと思います。)

そのとき、S様から
『お皿であれば、寸と深さで決めてあまり失敗はないのですが、飲み物を入れるものは、どうしても「どのくらい入るかな?」と考えますので、容量がわかるととても嬉しいのです。』
というメールを頂いて、本当に目からウロコというのでしょうか、気がつかなかったことを教えて頂きました。本当にありがとうございました。
少しずつですが、ぐい呑みや湯のみには容量表示をしていきたいと思います。
S様、このたびは本当にありがとうございました。
   
    *販売する作品は当然ながら使用をいたしません。
     たとえ水であっても作品には入れませんので
     容量をはかるときには、「作品にビニール袋をかぶせその上から水を注入し、
     ビニール袋の水を計量カップではかる」というようにしました。
     ですので多少誤差はあるかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

息吹のような渋いぐい呑みがお好みだということでしたので、「縞」の在庫の中から少しでも息吹にテイストが似ているものを..と選びました。ですので気に入って頂けてほっといたしました。
いつの日かまたご機会があれば、息吹をご注文頂けるとうれしいです。^_^

何年もWebショップを運営していておりますが、いまだにお客様に教えて頂くことも多く、本当に感謝しております。
今後共、どうぞよろしくお願いいたします。


——————–

その後、あらためてS様より、実際にお使いになったご感想を頂きました。本当にありがとうございます!

『その後、毎日使っております(^^)
お茶をていねいに淹れる、貴重なひと時となっております。
「縞」は、渋い見た目に比べて軽いので、女性にもとても持ちやすいと思います。
(少し薄めに作ってあるのでしょうか)

夜はお茶はあまり飲まないので、朝専用みたいになっていたのですが、ある冷える晩ふと思いついて、温かいお湯を注ぎ、そこに焼酎を少し足して飲んでみました。
旨~い(爆)
ぐいのみは小ぶりなので、日本酒その他ストレートで飲むものによさそうですが、お湯のみを、焼酎のお湯割りに使うという隠れ技も、見つけてしまいました。
かなりオヤジくさいですが(笑)

釉薬が、同じ茶色でも、濃さや手触りがお湯のみの上のほう(光沢)と下のほう(マット)で全然違うのを、指でふれて楽しんだりしております。
湯のみの胴の「縞」がちょうど指にフィットして、すべらず持ちやすいのも気に入っています。』

なんと!焼酎カップとしてもお使い頂いているとのこと。
たくさんお使い頂ける機会があると、湯のみ冥利!?に尽きます。
ご愛用くださって本当にありがとうございます。





【湯のみ】「縞」 を撮影しなおしました。

湯のみ 縞 萩原啓蔵 陶芸作品


湯のみ 縞 萩原啓蔵 陶芸作品



湯のみ「縞」を撮影しなおしました。
何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。
敬老の日の贈物にもぜひお勧めします。


【湯のみ】縞

湯のみ 縞


撮影しなおしました。大ぶりの湯のみ。
この側面の景色(釉薬の発色)は、なんともいえない趣があります。






【湯のみ】縞


600DSCN0105




艶消しの地に何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。
どちらかというと、渋めです。男性の方へお勧めいたします。
私は、初めて見たとき木星の模様にも似ている、と感じました。天体観測好きの方には、もしかすると違う意味で(!?)好まれるかもしれません。


【湯のみ】縞






啓蔵・湯のみ・縞




撮影をしなおしました。艶消しの地に何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。

まるで木星の筋のような、おもしろい「景色」です。

決して派手ではないけれど、趣きがあるところ、どちらかというと、渋めです。

男性の方へお勧めいたします。
少しでも、作品のよさをお伝えできればうれしいです。







【湯のみ】縞

ゆのみ 縞







艶消しの地に何層かにわけた茶の釉が、おもしろい発色をしています。







Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る