ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 淡碧筒 」 に関する記事一覧


【作品ご感想】「白ゆず肌」「淡碧(筒)」

ぐい呑み 淡碧(筒)
ぐい呑み 淡碧(筒)


Iです。
本日 商品が無事に到着いたしました。
今回 注文のぐい呑みは、プレゼント用に購入で 早速 お相手にお渡ししたら 大変 喜ばれて大変 満足して降ります。
このたび お手数を お掛けしてしまい さらに 啓蔵様の素敵な味わいのあるデミタスカップまで お付けいただき 大変 恭しくです。
デミタスカップ ありがたく大切に使わせて 頂きます。啓蔵様のデミタスカップが 私の手元に残って眺められるのが大変 嬉しいです。
素晴らしい 対応ありがとうございました。
また 購入の機会がありましたら 宜しくお願いいたします。

(新潟県 I様)

(店長)
I様、ご感想をありがとうございました。心から感謝申し上げます。
「白ゆず肌」を2個とのご希望でしたが、在庫が1個しかなく、もうひとつにつきましては、I様から迅速なお返事を頂き、淡碧でのご希望で、対応いたしました。
その節はいろいろとご迷惑をおかけいたしました。
本当に申し訳ございませんでした。

ご先方様に喜んでいただけて本当にうれしく光栄に存じます。
いろいろと至らない点もございますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


【みどりいろを基調にしている釉薬】「淡碧(筒)」「海底」



緑色を基調にした釉薬を使った作品です。

淡いおだやかな「淡碧(筒)」
個性的である種のこだわりを主張しているかのような「海底」

並べてみると、とてもおもしろい景色です。





【ぐい呑み】淡碧(筒)





淡碧(筒)


ほんのりと緑がかったクリーム色の地に、淡い碧の乳濁釉がかかています。
上からかかっている淡碧の釉薬は光沢があり、虫喰いが出ています。
同時になめらかな手触りで、発色は淡くやさしい色です。

その「手触り」「発色」の微妙な組み合わせが、また絶妙でもあります。

画像(下)のように、作品によっては、窯の位置によるものでしょうか、クリーム色というより緑色がより強く出たクリーム色になっている作品もあります。この色の変化のグラデーションもまた面白いです。(作品個々に違います。)

サイズはご確認ください。




淡碧(筒) ご感想

淡碧(筒)

淡碧(筒) の掛けられている釉薬が淡碧、涌雲が同じ釉薬とは知りませんでしたが、淡碧(筒)は丁度、この両方の面影をも持っていますね。

ぐい呑みより多少大きいため、焼酎ロックにもいけますし、夏場はアイスをこれで頂いてもとても涼しげでいいかもしれません。
大切にさせていただきます。

(東京都 Y様)

淡碧(筒)
(店長)
 淡碧(筒)は、上記画像からもわかるように、淡碧涌雲と同じ釉薬です。
とは言いながら、(同じ釉薬でありながら)それぞれ個性がある、というのは本当に面白いと思います。
この湯のみは、大きさが湯のみにしてはこぶり、ぐい呑みにしては大きい、ので、どちらに分類しようかと迷いました。
Y様が書かれているように、焼酎ロックにも涼やかでぴったりかもしれません。
ぜひ、ご愛用ください。本当にありがとうございます。


【新作】淡碧(筒)

淡碧(筒)



淡碧(筒)

新作の湯のみです。
サイズとしては「こぶりの湯のみ」としても「おおぶりのぐい呑み」としてもどちらとしてもお使い頂けます。













Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る