ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 心の葉 」 に関する記事一覧


【お客様のご感想】ぐいのみ「蒼雲」、片口鉢「心の葉」

今日 商品 届きました ☆
贈り物用の鶴のラッピング素晴らしいです☆
おまけで いただいた グイ呑み に 一目惚れ いたしました ☆
おいらぁ の 胸わぁ~☆ 今 ドキドキ でいっぱいで~す☆
本当に 啓蔵 様の作品 すんごい 作品です 毎日の 晩酌が 楽しみで~す☆

てぬぐい もぉ☆
ありがとう ごさいました。


グイ呑み 洗って ふくときに 使わせて いただきま~す☆

本当に ありがとうごさいました 。

いいクリスマス、いいお正月 が むかえられそうで~す。

本当に ありがとうごさいました☆
また 素晴らしい作品に であえる日 ぉ 楽しみに まってま~す ☆

啓蔵 様 寒くなってきたので 風邪ぉひかないよぉに 頑張って ください。

(神奈川県 H様)


(店長)
H様、ご感想をありがとうございました。
(ケータイからのメールで顔文字がはいっていてのですが、パソコンでは顔文字が出ず、申し訳ありません。)

とても喜んでくださったことが文面からたくさんたくさん伝わってきて、私までもうれしくなりました。
どうぞ、啓蔵作品のぐい呑みやお皿でおいしいお酒やお料理をお召し上がりくださいませ☆
このたびは本当にありがとうございました。
今後共どうぞよろしくお願いいたします!






『きのこ鍋』 料理とぐい呑み(77) 

萩原啓蔵 陶芸作品 片口鉢 ぐい呑み

なんてすばらしい萩原啓蔵作品コレクションでしょうか!
ご紹介が遅くなってしまいましたが、貴族さんのコレクションの一部だそうです。
おいしいお酒とおいしい料理… 本当にご紹介させて頂くだけでもとても幸せな気持ちになってきます。そしてありがとうございます。
啓蔵作品がお手元でこんなに大事に愛用されているなんて、とてもうれしいです!

それにしても素敵な画像ですね!!
なおこれらの作品はこちらで販売しております。 (販売終了になった作品もございます。)


きのこの鍋。(11月のものなのに、ご紹介が遅くなってしまいました。申し訳ありません。)
何度も書いているような気がしますが、私は厚揚げが大好きーー。
きのことも合いそうですね。


片口鉢 酒器 ぐい呑み

陶芸作品 楕円皿 片口鉢


『きのこ鍋』 料理とぐい呑み(77) 陶芸作品 楕円皿


『きのこ鍋』 料理とぐい呑み(77) ぐい呑み


『きのこ鍋』 料理とぐい呑み(77) 
『きのこ鍋 』
 (from 貴族鍋


片口鉢や楕円小皿もさりげなく使って頂いています。

ところで
『変に動物系の食材などを加えずにシンプルにキノコと厚揚げだけにしたのが正解だったよ。
とくに出汁にキノコの旨味が染み出て、いい感じにキノコからの粘りも出て、〆の蕎麦との絡み具合もバッチグー(死語?)だったよ。』
なるほど~と思いました。

*************************
*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)



啓蔵酒器 釉の酒器







『新玉ねぎの香味すき焼き 』 料理とぐい呑み(70)

『新玉ねぎの香味すき焼き 』 ですが、なんと、すき焼きに、バジルとトマトを加えるという斬新なアイディアです。
これからの季節、使えそうですね。


ぐいのみ

ぐいのみ
ぐい呑み 
『新玉ねぎの香味すき焼き 』  (from 貴族鍋


『オリーブオイルとニンニクの風味と甘くてウマウマな新玉ねぎや、ちょっとピリッとくる鷹の爪に酸味のトマトとバジルの香りがイイ感じのアクセントになって溶き卵とからめると何ともいえない味わいだったりするんだよね。 』
とのことです。
個人的には、オリーブオイルの消費量がかなり多い我が家では、ウケそうです~。

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

『烏賊のしゃぶしゃぶ』 料理とぐい呑み(61)

ぐい呑みの風景、料理とぐい呑みシリーズ 第六十一弾です。
イカを使った「烏賊のしゃぶしゃぶ」
イカだけに如何なものか?(一応ここ笑うところね)」 だそうですよ ^_^; …。

イカもおいしそうなのですが、つけだれもかなり魅力的です!
料理の詳細はこちらへ





『烏賊のしゃぶしゃぶ』 料理とぐい呑み(61) 小雪釉

『烏賊のしゃぶしゃぶ』 料理とぐい呑み(61) 心の葉

『烏賊のしゃぶしゃぶ』
 (from 貴族鍋

心の葉の料理は「蕗と薄揚げの玉子とじ」だそうです。
蕗って、私も子供のころは「なんでこんなものを大人は食べるの?」というように思いました。なぜだか椎茸も。(笑)
でも大人になって、その良さがしみじみとわかるものかもしれません。
というか野菜の玉子とじって、わたくし、大好きなのですーー。



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・ぐい呑み「小雪釉」 (販売中)
・酒器「 啓蔵酒器 釉の酒器」 (販売終了いたしました。)
・片口鉢「心の葉」 (販売中)




【お客様のご感想】片口鉢 ぐい呑みの風景

小豆ゼリーと片口鉢 ぐい呑み 萩原啓蔵作

千葉県W様から、画像を頂きました。
片口鉢の小豆のおかしがおいしそうです~。(お手製だそうです。)

啓蔵作品がいくつか使われていて、とても光栄です。

片口鉢 心の葉 販売中
ぐい呑み 紋跡 (画像左上) 販売中
ぐい呑み 夢雫 (画像右上)  販売終了






【お客様のご感想】食卓の風景

食卓の風景

千葉県W様から、食卓の風景の画像を頂きました。
ありがとうございます!



啓蔵作品がいくつか使われていて、とても光栄です。

片口鉢 心の葉 (画像中央上) 販売中
楕円皿ころんころん (画像左上、中央) 販売中
楕円鉢 薄紫雲 (大) (画像右上) 販売中


ぐい呑み 夢雫 (画像一番上左側)  販売終了
片口鉢 光沢茶 (画像上端) 販売終了






【お客様のご感想】お正月の食卓

啓蔵ギャラリーWebショップご感想

千葉県W様から、お正月の風景の画像を頂きました。
すごく豪華でおいしそうなお料理がたくさんですね~。


啓蔵作品がいくつか使われていて、とても光栄です。

・ぐい呑み 涌雲 (画像一番上左側) 販売終了
片口鉢 心の葉 (画像中央付近:中央) 販売中
楕円皿ころんころん(中) (画像中央下側:中央) 販売中


片口鉢 薄霞 (画像中央付近:右) 販売終了
片口鉢 光沢茶 (画像中央付近:左) 販売終了

『チャプチェ / 青椒肉絲(チンジャオロース)』【楕円鉢】薄紫雲 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品

料理の上手な方は、段取りの良さとか、手際がよいというか、そのあたりからして違いますよね~。

広いキッチンでなくても、たくさんの道具が無くても、料理を楽しめる、というのが画像から伝わってきて、毎回のことながら感心しております。


チャプチェ

青椒肉絲(チンジャオロース) 陶芸作品

『チャプチェ / 青椒肉絲(チンジャオロース)』
 (from 貴族鍋

画像をみているだけでも、食欲がわいてきそうです。
青椒肉絲とか海老チリとか個人的に大好きなので、もう、よだれが。。。(あら失礼しました。)



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・楕円鉢「薄紫雲」 (販売中)
片口鉢 心の葉 (販売中)

『えのきポン酢の梅肉和え / 手羽先の柚子胡椒焼き』【ぐい呑み】青濁垂 心の葉 釉の酒器 料理とぐい呑み(39)

8月のブログの記事ですが(遅くなりまして申し訳ありません。)さっそくご紹介したいと思います。

おいしそうな料理の写真を拝見すると、おなかがすいてきます。
すごい高級な素材ではなくて、どこにでもあるような素材を使っているのに、なにかセンスが違う「おいしさ感」があるのですよね。
しかも、そのなかで啓蔵作品を使って頂けることがとてもうれしいです。

冷蔵個の中にある材料で作る「アルモンデ料理」だそうですが、なかなか~。すごいです。


えのきポン酢の梅肉和え


青濁垂


手羽先の柚子胡椒焼き

『えのきポン酢の梅肉和え / 手羽先の柚子胡椒焼き』
   (from 貴族鍋

えのきの上に梅肉をのせるところなど、本当に細かいところまでこだわっています。
写真はご紹介していませんが、個人的には「冷やしトマトの出汁風味」に興味があります。
考え付かなかった取り合わせなのですが、どんな味なのか食べてみたい。
とは言うものの、今年の夏はトマトが高価だったので、私自身はなかなかトマト自体を買えませんでしたが。。。

ところで、ぐい呑み「 青濁垂」ですが、今でもお問い合わせがよく来ます。
すでに販売終了になってから長いのですが、惹きつけられるものがありますね。

一番下の写真には啓蔵作品の、「青濁垂」(ぐい呑み)、釉の酒器(注器)、心の葉(片口鉢)、丸大皿(非売品)が写っております。
いつもありがとうございます。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
▼商品のページ
片口鉢 心の葉 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)



「長崎ちゃんぽん鍋」「イカ納豆オクラ和え」【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品

「長崎ちゃんぽん鍋」って何?




「長崎ちゃんぽん鍋」
「長崎ちゃんぽん鍋」

「イカ納豆オクラ和え」
「イカ納豆オクラ和え」

0806_00

「長崎ちゃんぽん鍋」と「イカ納豆オクラ和え」
 (from 貴族鍋

       *画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)


市販の生ラーメンのスープを利用して「醤油ラーメン鍋」「味噌ラーメン鍋」「豚骨ラーメン鍋」などと応用できそうですね。このアイデア、いただきです。

ん? 「赤いきつね鍋」????


【啓蔵ギャラリーWebショップ】
片口鉢 心の葉 (販売中)


「海老とアボガドの水餃子鍋」 【楕円皿】薄紫雲 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品

【楕円皿】薄紫雲 【片口鉢】心の葉 のダブル・キャストでは絶対に掲載させていただかなくては!

「海老とアボガドの水餃子鍋」  なんて新鮮な響き!


と思ったのですが。



0714_00

0714_01

0714_02
「海老とアボガドの水餃子鍋」
 (from 貴族鍋

       *画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

何と、今回は、ヒューマンエラーのハットトリックだとか。

その1.餃子の皮
その2.昆布のだし汁

0714_03

その3.問題。 さあ、何でしょう?

正解はこちらをご覧ください。 


【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・楕円鉢「薄紫雲」 (販売中)
片口鉢 心の葉 (販売中)

『みず菜とエリンギの湯豆腐/胡瓜とみょうがのタコ酢』 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品

おなかに(宿酔いに?)優しそうな夏向きのメニューですね。



みず菜とエリンギの湯豆腐
胡瓜とみょうがのタコ酢

『みず菜とエリンギの湯豆腐/胡瓜とみょうがのタコ酢』
 

(from 貴族鍋

みょうがは大好物です。卵とじにしてもおいしいですね。
でも、食べすぎて物忘れしないようにしましょう。


*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
▼商品のページ
片口鉢 心の葉 (販売中)

『コチュジャンのこくマヨ炒め』 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品

おかずと、啓蔵の皿の色がとても合っています。
コチュジャンのこくマヨ炒めも、青梗菜と椎茸の煮物も本当においしそうです。
けっこうこれはご飯がすすみそうです。


コチュジャンのこくマヨ炒め

コチュジャンのこくマヨ炒め

『コチュジャンのこくマヨ炒め』
 (from 貴族鍋


おかずと、啓蔵の皿の色がとても合っています。

貴族の方のページ、なかなか写真がいいのです。
料理やうつわの写真に限らず、なんというか、いい写真があって雑誌をみるかんじ。
というよりも、はらドーナッツって、おいしそうです。先日某アメリカからきたというドーナッツを食べましたが、やっぱり私はくどい味よりも本来のドーナッツの生地の味が好きなのですよね。

いつもありがとうございます。



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
片口鉢 心の葉 (販売中)

【片口鉢】心の葉 ご感想

片口鉢 片口鉢 心の葉


こんばんは~!
さきほど、無事、心の葉を受け取りました。
きゅんとくるネーミングどおりの、色、形ともステキな器ですね♪
それから、渋・粋な抹茶碗(超々嬉しいです♪)まで、本当にありがとうございます!!
今、米ぬか入りのお湯の中でコトコトとやっています。

去年、益子に1泊で出かけた際、初めて陶芸にチャレンジしたのですが、不器用な私でもなんとか(本当に何とかですが)形になって、ものづくりの楽しさをほんの少し経験しました。
啓蔵さんが近くにいらしたら、弟子入りしたいです(笑)
ステキな作品、そして抹茶碗、ありがとうございましたとお伝えくださいませ。

それでは、また!
千葉県 Y様


(店長)
ご注文の際に
「心の葉、再販のお知らせに飛びついてしまいました~(笑)届くのを楽しみにしております。」
というメッセージを頂戴いたしました。本当にありがとうございます。

陶芸をなさったのですね。私もちょっとだけ挑戦したことがありますが、まったくだめだめでした。(笑) 
ですので形になったというだけでもすごいです。
でもその上であらためて啓蔵作品をみてみると、また違った目で眺めることができるのではないでしょうか。
これからも啓蔵作品や啓蔵ギャラリーWebショップをどうぞよろしくお願いいたします。




片口鉢 心の葉 販売中

【片口鉢】心の葉 再販売いたします。

【片口鉢】心の葉 再販売いたします。

【片口鉢】心の葉 再販売いたします。



販売終了いたしておりました【片口鉢】心の葉ですが、再販売いたします。


実は本日、いろいろ整理をいたしておりましたら、戸棚の奥から大事そうにしまわれていた「心の葉」のお皿たちが出てきました。
(うわーー、心の葉たちは、ここで静かに出番を待っていたのですね!)

本当に申し訳ありません。
再販売をいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


片口鉢 心の葉 (こちらで販売中)

『キハダマグロのカルパッチョ』 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品 ご感想

本当に参考になります。
ものすごい高い食材ではなくて(失礼)、ここまでおしゃれでおいしそうなおかずができる!
主婦の星です。(って貴族さんは男性の方ですが)


大根とニンジンと魚肉ソーセージのマヨサラ

キハダマグロのカルパッチョ

キハダマグロのカルパッチョ等
『キハダマグロのカルパッチョ』
 
(from 貴族鍋


ところで、
…白い力水って。(笑)

…デザートって。(笑)



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】

・円皿 (販売しておりません。)
片口鉢 心の葉 (販売中)

『焼き穴子の柳川風鍋』 【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品 ご感想

「長芋とベーコンとカイワレのニンニク醤油炒め」
長芋やカイワレを炒める、というのが新鮮ですね。しゃきしゃきしていてこれはこれでおいしそうです。


長芋とベーコンとカイワレのニンニク醤油炒め

焼き穴子の柳川風鍋
『焼き穴子の柳川風鍋』
 
(from 貴族鍋

冷凍庫にあるもので、とのことですが、冷凍庫に「穴子」があるなんて!
しかも、ここがポイント↓

鍋のダシは、昆布&カツオ&煮干しの出汁に、酒、みりん、醤油、昆布茶、岩塩、てんさい糖

本当に、お料理の参考にもなります!



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)




・円皿 (販売しておりません。)



『カツオのしゃぶしゃぶ』【片口鉢】心の葉 料理で使う啓蔵作品 ご感想

大根おろし、にんにく、かつお、ねぎ、しょうが、どれをとっても私も大好物です。
そしてこんな画像を見てしまっては、もう、よだれが…(笑)


ポン酢に大根おろし&ネギ&しょうが&ニンニクをのせて

長芋短冊の梅肉おかか和え

カツオのしゃぶしゃぶ
『カツオのしゃぶしゃぶ』
 
(from 貴族鍋


さささ…と手際よく、酒の肴を作ってしまう。そういう方って素晴らしいですね。
ちなみに、長芋短冊の梅肉おかか和えは
『切った長芋に梅肉と鰹節と味つけ海苔を混ぜ合わせて麺つゆで味つけ』
だそうです。
参考になります~

*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)




・円皿 (販売しておりません。)





『稲庭しゃぶしゃぶ』 【楕円鉢】薄紫雲 【片口鉢】心の葉 【酒器】釉の酒器 料理で使う啓蔵作品

今回のポイントはなによりも、片口酒器の使い方!
すばらしいです。こんなふうに使うこともできるのですね。
まんなかに落としたたまごがもう食欲をそそります。



片口鉢 心の葉

酒器 釉の酒器

楕円鉢 薄紫雲

稲庭しゃぶしゃぶ

『稲庭しゃぶしゃぶ』
 (from 貴族鍋


具材は手にはいりやすいものなのに、センスというのでしょうか、いつも感心しています。
もちろん、啓蔵作品の使い方も、すばらしいです。(ありがたいことです~)

卵黄の、新鮮でぽっこりつやつやさが、うらやましいです。



*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・楕円鉢「薄紫雲」 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)
片口鉢 心の葉 (販売中)

『あるもんで鍋』 【ぐい呑み】薄紫雲 【楕円鉢】薄紫雲 【酒器】 釉の酒器 料理とぐい呑み(31)

ぐい呑みの風景、料理とぐい呑みシリーズ 第三十一弾です。
「あるもんで鍋」というネーミングがすばらしいではありませんか!

とはいっても、すごくリッチに見えます。とくに「冷凍室に転がってた、鶏モモ、ササミ、豚ロース、肩ロースの4種盛り。」
というのがいいですね~。



ぐい呑み 薄紫雲

片口鉢 心の葉

楕円鉢 薄紫雲(大)

あるもんで鍋


『あるもんで鍋』
 (from 貴族鍋

啓蔵作品がこんなかたちで使われているというのは、とてもうれしいことです。
そして、これらは、啓蔵作品に興味がある方には、とても参考になるのではないでしょうか。
本当にありがたいです~。




*画像の使用許可を頂いております。(ありがとうございます。)

【啓蔵ギャラリーWebショップ】
・ぐい呑み「薄紫雲」 (販売中)
・酒器「啓蔵酒器 釉の酒器 (販売終了しました。)
・楕円鉢「 薄紫雲」(販売中)
片口鉢 心の葉 (販売中)







Copyright © 2017 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る