ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 皿 」 に関する記事一覧


【片口鉢】赤(大)

片口鉢赤(大)

渋い赤色の発色。 赤色は「食欲を増進させる」と聞きます。
サラダでも煮物でも、何にでも使えそうです。
この鉢は、器のお好きな方、本当に気に入って頂けた方、良さがわかる方に使って頂きたい片口鉢です。


*販売終了いたしました。

【片口鉢】土(中)





啓蔵・片口鉢・土(中)


色は土色。
半ツヤがある、という感じです。
そして、「指跡」(ろくろでまわした際の筋状の土のあと)と細かい釉跡があります。
指跡に関してはお好みですが、お茶をなさる方のほとんどは指跡にこだわりがあるようです。

【片口鉢】心の葉


600DSCN1603
500img1659







白濁の釉薬にうっすらとブルーが混じったゆず肌の発色です。
作品それぞれに釉薬のひろがり方も発色も違います。
ですので白濁が強いものや、ゆず肌の部分が多く出たものなど、個性的です。
啓蔵らしい豪快さ、そして優しさに溢れる自信作です。


【片口鉢】 心の葉   販売中

【片口鉢】片口鉢(大)

片口鉢

啓蔵の新作です。青と乳濁の片口鉢。



【尺皿】漆黒の海

1
黒地に白い波しぶきのような豪快なカイラギ。重厚な尺皿です。
料理をのせる皿というよりもできれば「飾り皿」としてお使い頂けたらと思います。
景色の良い大皿を作ってみたい、という思いがありました。 力強い作品にしあがったと思います。

※景色とは:器をみたときの印象。現れた窯変(ようへん)や釉薬(ゆうやく)によって描かれる全体像。




・ 啓蔵が「陶芸家雑感」でこの作品に使われている「ユズ黒釉」ついて記しています。










Copyright © 2018 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る