ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、やきものをご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 陶芸ギャラリー 」 に関する記事一覧


啓蔵の青い釉薬 ぐい呑み「淡青波」

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波

萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波
萩原啓蔵 陶芸作品 ぐい呑み 淡青波


淡青泡と色調が似ていますが、この「淡青波」の方がどちらかというとやさしい感じがします。

とはいえ、この啓蔵ならではの、青い発色!
青の釉薬の重ね掛けされた発色は、とてもきれいです。こんな青の発色は珍しいと思いませんか?
青と表現しましたが、なんともロマンティックな青、(碧がまざったような)ふんわりした青です。

青色のぐい呑みたち

青色のぐい呑みたち 萩原啓蔵 陶芸作品 青の釉薬

青色の釉薬がかかったぐい呑みを集めて撮影しました。

前列向かって左側は 青冠です。再販売することになりました。
個性的な作品です。実際にお買い上げくださった皆様の感想などはこちらをご覧下さい。

前列真ん中は 蒼雲です。これは店長が最近の中で一番のお気に入りの作品です。
青い地球を外からみたとき、こんな風景がひろがるのではないかと想像します。

それ以外の作品はこれから販売予定の作品たちです。(まだ準備ができずに申し訳ありません。)

同じブルーの釉薬でもこんなにも個性があってこんなにも違うものなのですね。
ひとつひとつ本当にみているだけでも楽しいです。

【新作】ぐい呑み「墨渦釉」販売開始のお知らせ

 ぐい呑み「墨渦釉」



ぐい呑み「墨渦釉」



ぐい呑み「墨渦釉」

ぐい呑み「墨渦釉」



墨絵のなかにひろがる渦のような反転が、個性的にひろがったりくっついたりして独特の紋様が出ています。
単なる斑点ではなく深みのある、しかも光沢のあるうっすらと色の変化を伴って変化していく様は、とてもおもしろいです。



啓蔵作 ぐい呑み 墨渦釉

ぐいのみ
うずのような墨絵のような、独特な深みのある渋い作品。




【啓蔵作品を料理に】啓蔵作品を料理に使う

啓蔵ぐい呑み 艶岩壁
啓蔵ぐい呑み 艶岩壁 の実際にお使いになった画像を送って頂きました。

ぐい呑みとしてではなくお料理に使う、という発想が素敵ですね。











啓蔵作品でお料理を!

お客様から頂きました画像を展示いたしております。







艶岩壁

落ち着きがありながら秘めたる情熱というかエネルギーを感じる作品。

カイラギの釉薬のかかりが、まるで龍の絵にも見えます。
趣のあるひびは、艶のある光沢の肌です。そしてその上から白濁の釉薬が、流れるようにまるで思い思いに流れる川のような跡になっています。

こちらで販売しています。 | 艶岩壁の記事をまとめて読む

【楕円皿】ころんころん

080915




(神奈川県 H様)より画像を頂きました。


(店長)携帯で撮影されたとのことで、画質を大変気にされていましたが、ころんころんをお料理に使って頂いて、手間をかけて撮影して頂いたことが本当にありがたく、うれしいです。
皿の青色に筑前煮とサラダが映えてとてもおいしそうですね。





【楕円皿】ころんころん



1122

(東京都 Y.M様)より画像を送って頂きました。



(店長)
楕円皿ころんころんは、サイズもちょうどよく、使い易いですよね。
おいしそうなおかず、いや、きっとお酒のいける方のおいしい酒の肴ですね。p(^^)q
本当にありがとうございました。












Copyright © 2019 keizogallery (陶芸家 萩原啓蔵)


トップへ戻る