ぐい呑み、酒器、抹茶茶碗、湯のみ、片口鉢、作家 萩原啓蔵 の陶芸作品をご紹介しています。
オンラインショップ | Facebookページ | Keizo Google+ページ | sitemap



「 ぐい呑み 」 に関する記事一覧


ぐい呑の中に広がる蒼の景色。


 ぐい呑の中に広がる蒼の景色。#萩原啓蔵#陶芸作品#ぐい呑#ぐいのみ#釉薬#keizogallery - from Instagram



ぐい呑の中に広がる蒼の景色。
#萩原啓蔵#陶芸作品#ぐい呑#ぐいのみ#釉薬#keizogallery – from Instagram

モコモコっとした釉薬の膨らみ


 モコモコっとした釉薬の膨らみがなんとも言えない味わい。#萩原啓蔵#陶芸作品#ぐい呑#ぐいのみ #釉薬#keizogallery - from Instagram


モコモコっとした釉薬の膨らみがなんとも言えない味わい。#萩原啓蔵#陶芸作品#ぐい呑#ぐいのみ #釉薬#keizogallery – from Instagram

青色と白色の釉薬の融合。


 ぐい呑み青色と白色の融合。勢いがあります。#keizohagihara #guinomi - from Instagram ぐい呑み 青色と白色の釉薬の融合。勢いがあります。#keizohagihara #guinomi – from Instagram

ぐい呑み 土息吹


 ぐい呑み 土息吹取り扱い終了となりました。啓蔵ギャラリーWebショップ#keizogallery #萩原啓蔵#ぐい呑み #ぐい呑#陶芸作品 #貫入 - from Instagram


ぐい呑み 土息吹取り扱い終了となりました。啓蔵ギャラリーWebショップ#keizogallery #萩原啓蔵#ぐい呑み #ぐい呑#陶芸作品 #貫入 – from Instagram

釉薬のゆったりとした流れを感じます。


 釉薬のゆったりとした流れを感じます。#guinomi#陶芸作品 - from Instagram



釉薬がゆったりと流れ落ち、それが文様になっています。
#guinomi #陶芸作品

青い釉薬が個性的なぐいのみ


 萩原啓蔵 ぐい呑み#陶芸作品 #guinomi - from Instagram



啓蔵釉薬の青、蒼の発色。  
幾重にも重なりたくさんの表情を見せる景色。いつまでも眺めていたい作品です。

#陶芸作品
#guinomi – from Instagram

ぐい呑み 蒼雲


 こういう弾けている個性的なところに、魅力を感じます。リズムがありますね! - from Instagram
from Instagram


掌の中に蒼い世界が広がる作品。


青い地球を外からみたとき、こんな風景がひろがるのではないかと想像します。
作品をみていると、あまりの美しさに惚れ惚れします。

釉薬のながれ、貫入が、いっけんあらあらしくもみえるのですが、眺めているととても優しい気持ちになります。
淡くて静かでやさしい作品です。

また釉薬がはじけてところどころ「下の釉薬の地」が見えるのですが、それが、まるでちいさな泡のようだったり、小さな魚にもみえたり…本当に眺めていてあきないおもしろみもあります。

ぐい呑み 蒼雲 淡くて静かでやさしい作品

蒼と白の釉薬。和かなやさしさと、はじける強さ。


1-1

1-2


2-1

2-2

3-1

3-2


貫入の優しさ

DSC08462
春のあたたかさを感じながら、貫入のやさしさを感じるような作品です。

星雲 深淵な蒼

[1]

014
015
016
[2]

017
018
019
[3]

020
021
022
[4]

023
024
025
[5]

026
027
028
029
031

ぐい呑みの風景 2016-1

2016-3

2016-2

2016-1

ぐい呑み 嵐


 萩原啓蔵作品#ぐい呑 #ぐい呑み - from Instagram

蒼の釉薬が強く出ている嵐(こちら非売品)
萩原啓蔵作品#ぐい呑 #ぐい呑み – from Instagram

ぐい呑み 蒼 6面

1 ぐい呑み 蒼 



紫がかった蒼に淡い水色の乳濁がかかっています。そして時々雲間からのぞくような深い青。
側面からみると6面になっているデザインが斬新。




蒼乳濁 力強い勢いのある作品

1
2

3
蒼乳濁

ぐい呑み「蒼乳濁」

一番上から乳濁の釉薬がかけられていますが、白い中にも青い点が広がり、とてもおもしろい「景色」です。




ぐい呑み 白乳濁 貫入のやさしさを感じる作品

ぐい呑み 白乳濁 貫入のやさしさを感じる作品1 ぐい呑み 白乳濁 貫入のやさしさを感じる作品2 ぐい呑み 白乳濁 貫入のやさしさを感じる作品3 白乳濁
乳濁の釉薬は落ち着きのあるやわらかさを感じます。貫入は、作品の表情を印象的に表現しているようです。

ぐい呑み 貫入を愉しむ 蒼釉


【ぐい呑み】 蒼釉


【ぐい呑み】 蒼釉 【ぐい呑み】 蒼釉
少し紫がかった蒼と水色は、ある意味激しさや強さを感じます。貫入も面白みがあります。

ぐい呑み 啓蔵虫食い 

DSC01303 「啓蔵虫食い」
虫食いの美しさ。

と釉薬の変化という、骨太感と繊細さいう相反するものがうまく溶け合っているぐい呑みです。
個人的には、釉薬がぽちょんと垂れた跡や、思いがけない穴ぼこなど、そういう「偶然の面白さ」に特に惹かれます。
この作品も、ぽちょんとした釉薬が見えます。釉薬の溜まりにも、うねりがあって面白いです。


宇宙の蒼

宇宙の蒼 ぐい呑み 「宇宙の蒼」

白と黒そして時々見える深く暗い青。 
海の底の風景のようでもあり、宇宙の風景が広がるような、いろいろな想像が広がります。


ぐい呑み 土息吹 (スマホで撮影)

2
3
5

ぐい呑み 土息吹


小ぶりですが、貫入もきれいでやさしさが滲み出ているようなぐい呑みです。
形状が個性的で横からみると下側がふくらんでいるように見えます。この膨らみの部分が掌にほどよく沿って、それもまた愉しめそうです。


ぐい呑み 青流 

ぐい呑み 青流 


ぐい呑み 青流 



一見優しげにみえる青色や水色の釉薬は、地の黒い色のコントラストによっては、エネルギーを秘めた強さにも感じます。








Copyright © 2020 keizogallery (陶芸家 陶芸作家 萩原啓蔵)


トップへ戻る